宗次徳二の名言|ひた向きにやっていくしかない

このエントリーをはてなブックマークに追加

目の前の目標に一生懸命取り組んでいくことしかできない。ひた向きにやっていくしかない。私レベルの経営者がちょっとうまくいったからといって、よそ見をしてはダメ。


宗次徳二 の経歴

宗次徳二、むねつぐ・とくじ。カレー専門店「カレーハウスCoCo壱番屋」を展開する株式会社壱番屋の創業者。生後間もなく孤児院に預けられ、3歳の時に宗次家に養子に入る。高校卒業後、八重洲開発で数年間実務を経験し、大和ハウス工業に移籍。同社に3年在籍したのち、不動産仲介会社、CoCo壱番屋の前身となる「喫茶店バッカス」を開業。その後、不動産仲介会社を閉め、カレーハウス事業に集中し同社を日本屈指のカレーチェーンに成長させた。53歳で経営の第一線から退き、NPO法人イエロー・エンジェルを創設し、経営者育成や人材育成の活動を行っている

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

大切なのはやっぱりビジョンを語ることでしょうか。この事業で会社を変える、さらに住宅業界を変えるというビジョンを語り、リーダーがそれを本気で目指していることが伝わると、仲間も集まります。

会議も市場調査も全く意味がない。みんなで話し合ったり、データを分析したりして商売がうまくいくか分かるならこんな楽な話はない。

当社の企業風土のひとつとして、分権化を重視していることが挙げられます。これはグローバルカンパニーでは珍しいことですが、個々のグループ会社が、担当するマーケットに関しての全責任を負っているのです。つまり、会社組織自体が、上部組織に相談しなければ何事も決められないという体制ではないのです。

一般的に、人は自分を好いてくれる人を好きになる。嫌悪も同じ。ただ、嫌悪の方がもっと激しい。人に嫌われたくなかったら、自分が嫌わないこと。これが大前提。

コーチングとは、いろいろなスキルを駆使して、クライアントを操作することではありません。コーチはクライアントの成功と成長を心から願い、自分のすべての経験や技量を惜しみなく与えます。クライアントに対しては、裏切らない、批判しない、感情的にならない、コーチの意思とノウハウを押し付けない、そして常に秘密を守り、甘えることは許されない。このようなコーチであってはじめて信頼されるのです。

コンプライアンスの真の意味は、「ビジネスにおける誠実性」。

誰だって失敗は怖い。僕だって怖い。会社の規模が大きくなり、仕事が順調に進めば進むほど、失敗を恐れる気持ちは強くなる。けれどその気持ちに負けてしまったら、会社の成長力は確実に鈍ることになる。インターネット時代の企業は、いつも最新でなければ生き残れない。

かぜ考えることができないかといったら、安全で居心地のいい状態が未来永劫続くと、何の根拠もなく思い込んでいるからです。これから先も何も変わらないのなら、いままでのやり方を続けていればいいだけですから、自分で考えようなどという気持ちが起こらないのは当然でしょう。

10の実力を持っていたとしたら、20の目標を設定し、少しでも向上することが大切です。自分の中に限界をつくらず、常に上を目指さないといけません。これでいいと思った瞬間に、そこで成長は止まります。

本当にいい技術は構造的に、体系的に説明できるはずです。これができないということは、技術のどこかにムダや無理があります。もちろん、説明の巧拙という属人的な面も多少はありますけれど。「分かりやすさ」は経営にとどまらず、あらゆる仕事の要諦だと考えています。

ページの先頭へ