宗次徳二の名言|ひた向きにやっていくしかない

このエントリーをはてなブックマークに追加

目の前の目標に一生懸命取り組んでいくことしかできない。ひた向きにやっていくしかない。私レベルの経営者がちょっとうまくいったからといって、よそ見をしてはダメ。


宗次徳二 の経歴

宗次徳二、むねつぐ・とくじ。カレー専門店「カレーハウスCoCo壱番屋」を展開する株式会社壱番屋の創業者。生後間もなく孤児院に預けられ、3歳の時に宗次家に養子に入る。高校卒業後、八重洲開発で数年間実務を経験し、大和ハウス工業に移籍。同社に3年在籍したのち、不動産仲介会社、CoCo壱番屋の前身となる「喫茶店バッカス」を開業。その後、不動産仲介会社を閉め、カレーハウス事業に集中し同社を日本屈指のカレーチェーンに成長させた。53歳で経営の第一線から退き、NPO法人イエロー・エンジェルを創設し、経営者育成や人材育成の活動を行っている

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

景気が悪くなったときにすべきことは値下げではなくコストダウンです。コストをどう下げるか知恵を絞り、工夫するわけです。メーカーの方にもただ価格交渉するだけではなく、現場に直接搬入してもらうとか、インターネットを活用し、余分な経費がかからないように変えていく他ありません。

私たちは貧しい中で育ったせいか、馬力もあったし、野心とか野望というものもありました。そういう人が少なくなったかもしれませんが、なかには必ずいます。馬力があって野心もある人を見つけて、その人たちに任せることが大切です。

すべての人がそれぞれの持ち味に応じて余すところなく生かされる時、全体の総合された力は非常に大きな働きを示すのであり衆知を集めるとは、こういうことを意味している。

入居者様の利便性を考えた「敷金ゼロ」「退去時の定額クリーニング費」「入居初期費用のクレジット決済」などの新サービスも大変好評です。「総合生活サービス企業」として、常に新たな提案をし続ける。それがオーナー様にとっても、私たちにとっても利益の源泉になると思っています。

仕事力を磨くには、自分で関心を持ったり、仕事に直結するテーマの読書や情報収集を欠かさずやることです。若いころは給料に余裕がないかもしれませんが、書籍代や情報収集のための出費を惜しんではいけません。

人間はひとたびメディアに出始めると、中毒になるんです。テレビ局や雑誌から声がかからなくなると、今度はメディアに出るためにはどうすればよいかと試行錯誤し、苦しみだすのです。一部のベンチャー企業の経営者は中毒の一歩手前だと危惧しています。メディアとのかかわりが深くなり、ブログなどを駆使するうちに、経営の判断を誤ることも考えられます。ひとたびネガティブな局面に陥ると、今度はおつりがくるほど、メディアにこっぴどくやられます。本人はまだしも、社員はたまったもんじゃありません。

業績好調で競争力があり、負の資産を抱えていない企業をパートナーに選ぶことが大切。

ページの先頭へ