宗次徳二の名言|一生懸命やるしかない

このエントリーをはてなブックマークに追加

一生懸命やるしかない。脇目も振らず、お客様本位でやっていく。私は現場主義、お客様第一主義を徹底してきたつもりです。その結果、目標を達成してきたんです。


宗次徳二 の経歴

宗次徳二、むねつぐ・とくじ。カレー専門店「カレーハウスCoCo壱番屋」を展開する株式会社壱番屋の創業者。生後間もなく孤児院に預けられ、3歳の時に宗次家に養子に入る。高校卒業後、八重洲開発で数年間実務を経験し、大和ハウス工業に移籍。同社に3年在籍したのち、不動産仲介会社、CoCo壱番屋の前身となる「喫茶店バッカス」を開業。その後、不動産仲介会社を閉め、カレーハウス事業に集中し同社を日本屈指のカレーチェーンに成長させた。53歳で経営の第一線から退き、NPO法人イエロー・エンジェルを創設し、経営者育成や人材育成の活動を行っている

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

言いたいことを、言いたい相手に、言いたい時に言う。自分も含めて、フラットな組織でありたい。

5~6歳になると、一部の子どもたちから、好奇心や意欲が失われていく様子を感じることがあります。そういう子どもたちがほぼ間違いなく共通して抱えている問題は、生活習慣の乱れ。大人に生活のすべてを依存している子どもの場合、ひとたび生活が乱れてしまうと、「目の前の時間を生きる」ことに精いっぱいになってしまい、何かを頑張ろうとか成し遂げようという意欲を失ってしまう。

地図ばかり見ていると、迷子になってしまう。

うちは石川県小松市が発祥の地なので、小松市を元気にするための取り組みも行っています。

私たちは貧しい中で育ったせいか、馬力もあったし、野心とか野望というものもありました。そういう人が少なくなったかもしれませんが、なかには必ずいます。馬力があって野心もある人を見つけて、その人たちに任せることが大切です。

想定外の連続が現実の世界。想定外が起こった時のことを考えていかに訓練しておくかが重要。有事は平時の備えにありと。これが大事。

経営は逃げずに、そして、ぶれないことが大事。

いくら論理を積み重ね、ビジュアルを工夫してスライドをつくっても、プレゼンターの存在を感じられないプレゼンに魅力はありません。「ほかの誰でもない、私の提案だ」という顔の見えるプレゼンをしてこそ、オーディエンスはそのプレゼンに一目置くのです。

和食の魅力を伝えるには、まずは自分が好きな和食を極めることから始めてみてはどうでしょう。私が生まれ育った日本橋にはすき焼きの名店が多く、私はすき焼きが大好き。それが高じて全国のすき焼きを食べ歩き、本まで著しましたが、調理法から味つけ、食材まで日本全国さまざまで、実に奥が深いのです。まずは自分の好きな料理をとことん食べ歩き、自宅でも作ってみる。また、旅に出かけたときはその土地で伝わる味にふれてみる。そうすることで、和食や日本の食文化の知識が自然と身につき、食の楽しみもぐんと広がっていくことと思います。

ビジネスリーダーや従業員が、ビジネスの目的を考え、大きなビジョンを持つことは重要。

ページの先頭へ