宗次徳二の名言|その時その時を一生懸命生きる

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は基本的に行き当たりばったり、成り行き任せでやってきました。行き当たりばったりというと言葉は悪いですが、その時その時を一生懸命生きるんです。


宗次徳二 の経歴

宗次徳二、むねつぐ・とくじ。カレー専門店「カレーハウスCoCo壱番屋」を展開する株式会社壱番屋の創業者。生後間もなく孤児院に預けられ、3歳の時に宗次家に養子に入る。高校卒業後、八重洲開発で数年間実務を経験し、大和ハウス工業に移籍。同社に3年在籍したのち、不動産仲介会社、CoCo壱番屋の前身となる「喫茶店バッカス」を開業。その後、不動産仲介会社を閉め、カレーハウス事業に集中し同社を日本屈指のカレーチェーンに成長させた。53歳で経営の第一線から退き、NPO法人イエロー・エンジェルを創設し、経営者育成や人材育成の活動を行っている

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

グローバル・ニッチ・トップを目指そう。それが当社の生きる道なのだ。

ニッチ市場にこそ当社の技術が生きる舞台がある。工夫を重ね、ローテクに磨きをかけることで、いつまでも輝き続ける存在でありたい。

誰もが天才だ。しかし、魚の能力を木登りで測ったら、魚は一生「自分はダメだ」と信じて生きることになるだろう。

生きるための職業は、魂の生活と一致するものを選ぶことを第一にする。

生きるために必死に働いたことが今につながっている。

できるだけ気持ちよく過ごすためには、いやな言葉を吐いたり、いやな思いを抱いたりしてはならない。

「他者のために他者とともに」生きる心を具備したグローバル人材を育てて行くことが、何より大切な本学の使命。

ページの先頭へ