久能祐子の名言|起業する前にまずどの山に登るかを決める

起業する前にまずどの山に登るかを決めること。ゴールの頂上に立ったときのことを想像してみること。

久能祐子 の経歴

久能祐子、くのう・さちこ。日本の経営者。「S&R財団」CEO(最高経営責任者)。山口県出身。京都大学大学院工学研究科博士課程修了。ミュンヘン工科大学研究員を経て、アールテック・ウエノ社、スキャンポ・ファーマシューティカルズを共同創業。その後、S&R財団を設立。米経済誌フォーブスの「アメリカで自力で成功を収めた女性50名」に選ばれた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

一番大事なのはスピード。スピードを落としたら競合に負けてしまう。

森川亮の名言|スピードを落としたら競合に負けてしまう


新人アシスタントにも初日から練習なしでペンを入れさせます。そのうえで改善点を先輩が指摘、その都度修正。これにより早い成長が促され、すぐに戦力として活躍してくれます。

三田紀房の名言|新人をすぐに戦力にするには


企業と国民生活は利益が相反するという見方が一部であります。ですが、企業が繁栄することは経済の好循環を起こし、国民生活を豊かにすることにつながります。

榊原定征の名言|企業が繁栄することは国民生活を豊かにする


単なる価格訴求や中途半端なイベントでは、集客に結び付かない。やるのだったら日本一、東洋一のものをやらなければいけない。

澤田秀雄の名言|やるのだったら日本一、東洋一のものをやらなければいけない


就任してすぐに社内コミュニケーションの改革を行って、私の発信したメッセージに社員が直接意見を返せるようにしましたが、新年最初のメッセージには300通を超えるメールが来ました。言いたいことを直接、社長に言えるようになってきたというでは、文化は変わってきたと言えます。

高橋興三の名言|社員が直接社長に意見できる仕組みを


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ