久能祐子の名言|起業する前にまずどの山に登るかを決める

このエントリーをはてなブックマークに追加

起業する前にまずどの山に登るかを決めること。ゴールの頂上に立ったときのことを想像してみること。


久能祐子 の経歴

久能祐子、くのう・さちこ。日本の経営者。「S&R財団」CEO(最高経営責任者)。山口県出身。京都大学大学院工学研究科博士課程修了。ミュンヘン工科大学研究員を経て、アールテック・ウエノ社、スキャンポ・ファーマシューティカルズを共同創業。その後、S&R財団を設立。米経済誌フォーブスの「アメリカで自力で成功を収めた女性50名」に選ばれた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

整理整頓で最初に手をつけるといいのは、デスクまわりです。そもそも探し物に時間を取られているようでは、ビジネスマンとして失格です。必要書類などの収納場所を外出先から電話で明確に指示することができたら理想的です。

無念無想の時間が長ければそれだけ健康になれると信じている。私は84歳になって、また虫歯、入れ歯が一本もない。食事は肉を少なくし、生野菜、とくに年中手に入りやすいキャベツをたくさん食べる。生まれつき丈夫だったのだろうが、長寿に関係あるとすればこんなところかもしれない。

リスクを取れば、失敗もする。成功率70%の賭けは、30%の確率で失敗します。現実が30%の方に振れて損失が出ても、淡々と次の勝負に向かえる人が、やはり強い。

メーカーから小売業まで含めて、サプライチェーン全体を巻き込んでいく仕組みが必要です。1社だけ頑張っても、部分最適ではうまくいかない。川上から川下まで「全体最適」を考えるのが当社のミッションです。

顧客に対する提案力も当社の強み。世界中から収集した情報を基に、当社の食品製造器で作れる新商品のレシピを食品会社に提案している。

上場を目指しています。大きな会社になれば世の中に与える影響力も大きくなるので、やはり規模は追求したい。

競馬の世界もグローバル化を避けて通ることはできないと私は考えています。日本の総人口が減ることを考慮すれば、海外の競馬ファン層も増やしていかなければならないと思います。

ページの先頭へ