中西大介の名言|夢や世界観に終わりはない

このエントリーをはてなブックマークに追加

成長の欲求はある種の競争力を生みますが、いずれ限界がくる。しかし、夢や世界観に終わりはない。


中西大介 の経歴

中西大介、なかにし・だいすけ。日本の経営者。スポーツビジネス経営者育成機関「スポーツヒューマンキャピタル(SHC)」代表理事。神戸商船大学(のちの神戸大学)卒業後、Jリーグに入局。競技・事業統括本部長、理事、常務理事、SHC代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕は自分の意見をはっきり言いたいし、夢だって臆せずに語りたい。

コツコツと目の前の小さな目標をクリアしていくことでしか、大きな目標、つまり「夢」をかなえることなんてできない。

夢は必ず実現するということを信じて、残された日々を過ごしていきたい。

大きな夢を持つことが大切。その上で時代に合った変化や創造をしながら、奢らず、基本や原点を大事にすることで、企業はまた発展していく。

将来に向かって夢や活力を持っていないと、やっていけませんよ。

絶対に夢を諦めない信念が必要だ。失敗は諦めた時に初めて失敗になる。諦めなければ、夢に向かって努力し続けている最中といえる。

夢があれば、前に進む力が生まれる。

5年、10年先のあるべき自分の姿、夢、ビジョンをしっかりと持つことも大切。そうすれば、自然とそちらの方向に進んでいく。

自分が何になりたいのか、どこまでの成績を残したいのか、夢に出てくるぐらいの強い願望は必須。

経営者は、右手にロマン、左手にリアリズムを持つべきだ。苦しい状況でも、夢があれば頑張れる。他方で、現実的な厳しい手も打つ。

ページの先頭へ