中西大介の名言|夢や世界観に終わりはない

成長の欲求はある種の競争力を生みますが、いずれ限界がくる。しかし、夢や世界観に終わりはない。

中西大介 の経歴

中西大介、なかにし・だいすけ。日本の経営者。スポーツビジネス経営者育成機関「スポーツヒューマンキャピタル(SHC)」代表理事。神戸商船大学(のちの神戸大学)卒業後、Jリーグに入局。競技・事業統括本部長、理事、常務理事、SHC代表理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

一人で見る夢は夢でしかない。しかし、誰かと見る夢は現実だ。

実現までの工程表が必要です。漠然とした夢は、いつまでたっても遥か彼方の夢のままです。

研究者にとって、「夢や情熱」って非常に大事だと思いますが、それ以上に大切なのは「人を思いやる心」です。それがなければ、「何を成すべきか」ということが発想しにくい。

具体的な目標を掲げ、それに向かって鍛錬を続けていけば、夢は必ず叶う。

絶対に夢を諦めない信念が必要だ。失敗は諦めた時に初めて失敗になる。諦めなければ、夢に向かって努力し続けている最中といえる。

私もまだまだ道半ば。多くの笑顔のために、夢に向かって仲間と共に、圧倒的な努力を続けていきたい。

理想を持つと持たない、夢を持つと持たないでは全然違う。

私は「逆境の中にこそ夢がある」と思って仕事をしてきた。

僕にとって、夢は生きるための原動力。だから、同年代の皆さんには、どんなことでもいいので、夢を持ち続けてほしい。

会社には夢がないといけない。ダメな会社ほど夢がない。夢がなくて、昔のことばっかり考えている。

私は夢までのプロセスも楽しんでいます。もちろん達成しようと努力をしていますが、できなくても満足してこの世を去れるでしょうね。

どんな形であれ夢があることで、人生は豊かな方に転がる。

お金もない、名前もない中でのスタート。自分にあるのは夢だけだった。

ページの先頭へ