中西大介の名言|フィロソフィーが大事

何よりフィロソフィーが大事。何のためにやっているのか、何のために成し遂げたいのか。これはある種の世界観を持っている人間じゃないと成功しにくい。

中西大介 の経歴

中西大介、なかにし・だいすけ。日本の経営者。スポーツビジネス経営者育成機関「スポーツヒューマンキャピタル(SHC)」代表理事。神戸商船大学(のちの神戸大学)卒業後、Jリーグに入局。競技・事業統括本部長、理事、常務理事、SHC代表理事などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分で「報酬」を設定することも有効です。たとえば、「1日頑張ったら帰りに一杯飲もう」「この1週間を乗り切ったら週末は旅行だ」と、楽しいことを用意するのです。これらの報酬を、1日や1週間といった短いスパンから、3カ月や半年、1年後といった長いスパンのものまで、バリエーションを持たせて設定すると、それだけやる気が続きます。

澤口俊之の名言|やる気維持のために自分に報酬を


人は不合理で、非論理的で、利己的なものです。ですが、気にすることなく、人を愛しなさい。

マザー・テレサの名言|気にすることなく人を愛しなさい


ゴールドマンの新人時代、大きなプロジェクトの中で時間ギリギリに行動していた私の姿を見た上司に叩き込まれたのが「10分前」。プロであれば、これが基本中の基本だと。それに加え、目の前の忙しさを理由に、遅刻を「仕方がない」と思ってしまうことの怖さを教え込まれました。

戸塚隆将の名言|10分前行動はプロの基本中の基本


現状をさらによいものにするために、批判的思考が必要なことは間違いない。諸外国との比較も冷静で客観的な評価のためには欠かせないだろうし、時には、厳しい言葉を使うこともやむをえないかもしれない。それでも、批判の背後に、日本を肯定的にとらえる心情があるのだということをきちんと伝えないと、建設的な批判でさえもなかなか届かない時代になっているように思う。

茂木健一郎の名言|批判の背後に、肯定的にとらえる心情があるのだということを伝えないと、建設的な批判でさえもなかなか届かない


私はこの失敗(インテルがデジタル腕時計事業を起こし、1500万ドルの赤字を生み出し撤退した失敗)の後、教訓としてかなり長い間、このデジタル腕時計を身に着けていました。最近でも折に触れて電池を入れ替えては使っています。ただし、誤解されやすいのですが、私がこの腕時計をするのは、こんな失敗を二度としないようにという思いからではありません。逆に、こんな失敗だってできたじゃないか、私たちはいま、ちゃんとリスクを取って挑戦しているだろうかと、だんだんリスクを取らなくなる自分たちを戒める思いの方が強いのです。

ゴードン・ムーアの名言・格言|挑戦しないことを戒めるデジタル腕時計


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ