大西賢の名言|単独で何かを生み出すのは難しい時代

これからは、もはや単独で何かを生み出すのは難しい時代になってきた。

大西賢 の経歴

大西賢、おおにし・まさる。日本の経営者。日本航空(JAL)社長。大阪出身。東京大学工学部卒業後、日本航空に入社。成田整備工場点検整備部に配属され、点検整備畑を歩む。成田整備事業部生産計画グループ長、整備企画室部長、整備本部副本部長、(株)JAL航空機整備成田社長、本社執行役員、日本エアコミューター社長などを経て、本社社長、JALグループCOO(最高執行責任者)、日本航空インターナショナル社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

入社後最初に配属された課を当初は「傍流」と感じましたが、そこにいたから経験できたことも多かった。会社人生を振り返っても、一番勉強になった気がします。

難しい時代を生き抜くうえで、当社には疑いないようなく、はっきりとしている重要な経営指標があります。それが「顧客満足度(CS)」です。ゲスト(顧客)の満足度が向上すれば、来園頻度が高まり、入園者数が増えます。売上高や利益といった数字は自然についてきます。

人間は忘れてしまう。同じ話をとにかく何度も繰り返して、頭に刷り込んでいくことが重要です。

ノウハウを伝え、同じ志の弁護士を増やしたい。一種の使命感です。
【覚え書き|企業再生の仕事を精力的にこなしつつ各地で講演を行っていることについて】

生まれ出る喜びがあれば、また、必ず死する悲しみがあり、悲喜はこもども到来するのである。昔の塞翁という人は、この意味をよく知って善悪禍福に対する心構えを定めた賢い方であった。これは、未来に対しても同じことである。

論文の「質」で目標設定を行っていたときは肩に力が入ってなかなか前に進めませんでした。しかし、「量」での目標設定に変えてみると、リラックスして取りかかれ、最後まで書きとおすことができました。完ぺきを求めるあまり完成に至らないという事態から、ようやく抜け出すことができたのです。

欧米では、誰もが瞑想の実践によってクオリティ・オブ・ライフの実現が図れるとの認識が定着している。ブッダの「気づきの瞑想」は「マインドフルネス・トレーニング」と呼ばれ、精神医療の現場では有効なストレス軽減法として、また、グーグルやインテルなど多くの企業では社員のメンタルヘルスと仕事のパフォーマンス向上を目的として、取り入れられてきている。

持って生まれた才能で、ユニークなアイデアを次々に生み出す人も稀にはいる。しかし、多くの凡人は日頃の鍛錬なしにはナレッジワーカー(知識労働者)にはなりえない。その第一歩は、感じる力、すなわち「感知力」を磨くことである。ナレッジワーカーとは新たな知恵やアイデアを生み出すことができる人材のことである。そして、知恵やアイデアの源泉は、人間の持つ感じる力である。

流れを変えるために、真っ先に政治がやるべきは、国民の将来に対する期待感を明るいものに変えることです。いまは期待が暗いから、国民はお金を使わない、企業は設備投資をしない。だから経済がパッとしないのです。方法は簡単です。強い政治のリーダーが出てきて「いまは辛いけど頑張ろう。痛みを乗り越えてやるべき改革はやろう。そうすればこんな希望が出てくる」とやればいいのです。

人生はテキストのない創作。だから、難しいが面白い。すてきな創作を楽しみたいものだ。

すぐ役立つ人間は、すぐ役に立たなくなる。

大切なのは「私という人間がどんな人物なのか」「どんな思いを持ってこのビジネスに取り組んでいるか」という点を、明確なメッセージを込めて相手に伝えること。英語がうまくなくても、日本語で十分伝わるもの。

失敗して落ち込んでいる新人に対しては「失敗は誰もがするもの」と知らせることが大切です。「僕も叱られながら仕事を覚えたよ」と伝える。そうすれば相手も、過剰にショックを受ける必要はないとわかるでしょう。

ページの先頭へ