大西賢の名言|単独で何かを生み出すのは難しい時代

このエントリーをはてなブックマークに追加

これからは、もはや単独で何かを生み出すのは難しい時代になってきた。


大西賢 の経歴

大西賢、おおにし・まさる。日本の経営者。日本航空(JAL)社長。大阪出身。東京大学工学部卒業後、日本航空に入社。成田整備工場点検整備部に配属され、点検整備畑を歩む。成田整備事業部生産計画グループ長、整備企画室部長、整備本部副本部長、(株)JAL航空機整備成田社長、本社執行役員、日本エアコミューター社長などを経て、本社社長、JALグループCOO(最高執行責任者)、日本航空インターナショナル社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

怒りをぶつけて、自分も周囲も絶対的な幸福が得られるのか。そこを見極めると、決してそうではないことが理解できる。

食らいつけるものには、食らいつこうと思って何度落ちてもオーディションを受け続けました。

自分達のチームの強みが出るような見方をしてほしい。ゴール前の状況をピンチと見るか、ここさえしのげば巻き返せるチャンスと見るのか。

私が出会った100人を超える米国やドイツの経営者たちも戦略に長けた、したたかな経営者だったと思い起こしました。彼らに比べれば、日本の経営者はどことなくひ弱に見えてならない。例えて言えば、野良犬のたくましさと飼い犬の弱さの違いがあるように思えるのです。

今、医学界では「フレイル(虚弱)」という概念が広まっています。これは健康と寝たきりの中間の状態を指します。この状態で手を施せば、寝たきりにならずに健康状態に戻れる。ここで期待されるのが、企業の役割です。例えば、楽しみながら筋力を鍛えるサービス。元気な高齢者が増えれば、本人や家族の満足度も上がり、介護にかかる財源も削減できますから、社会的価値も高い。

写真・カメラの世界は今後も変わり続けます。その中で生き残るためにも、業界でトップのシェアを守っているのです。シェアがあることの利点は、費用のかかる研究開発ができるということ。そして研究開発する人間を採用できるということです。

私の研究室には、よく企業の人たちが訪ねてきて、戦略のプレゼンテーションをしてくれます。「こういう戦略をお前はどう思うか」というわけです。しかし、そのうちの8割ぐらいは、聞いていても、なぜ儲かるのかがさっぱりわからない。そうした人たちは、大切なことは一応全部決めてあります。けれども、それらのひとつひとつの要素がどのようにつながって、その結果、なぜ儲かるのか、儲けに至る動きや流れがさっぱりわからない。戦略が静止画の羅列になっていて、ストーリーになっていないのです。

ページの先頭へ