大西賢の名言|需要を生み出すためにはどうするかと考える

このエントリーをはてなブックマークに追加

今は既に需要があるから飛ばすといった思考から脱却していて、需要を生み出すためにはどうするか、といった思考で動いています。


大西賢 の経歴

大西賢、おおにし・まさる。日本の経営者。日本航空(JAL)社長。大阪出身。東京大学工学部卒業後、日本航空に入社。成田整備工場点検整備部に配属され、点検整備畑を歩む。成田整備事業部生産計画グループ長、整備企画室部長、整備本部副本部長、(株)JAL航空機整備成田社長、本社執行役員、日本エアコミューター社長などを経て、本社社長、JALグループCOO(最高執行責任者)、日本航空インターナショナル社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

リサーチ専門部門がないと、やるべきリサーチをやらずにパスしてしまう。コンセプト、パッケージ、試作品、広告コピーなどなど、新商品が導入されるまでに多くのリサーチが行われるが、時間がない費用がないという理由でいくつかのリサーチをなしですますことが起こる。

日本は少し発想の軸を変えるべきではないかと思うんです。IT化やグローバル化など、時代は変わっているのに、高度成長期やバブル時代の夢や成功体験に縛られ、短期的な業績一辺倒で勝ち組、負け組を評価する。そうした価値観のせいで日本はますます元気をなくしているのではないかと思います。

「業界の常識は非常識」と考えると新たなビジネスチャンスが生まれる。

「これは自分の役割ではない」「この仕事はやりません」とみんなが思ってしまうと、組織としての柔軟性はなくなり、大規模なリストラと、新たな採用を繰り返すことになる。そのようなやり方で事業構造転換をする方法ももちろんある。が、社員の組織への帰属意識を高めた方が変化対応力が強くなり、会社として生き残る可能性が高くなると、私は思っている。

本社が100の売上予算を付けたのに、実績は80%だったとします。しかし、結果を見て営業部隊を叱咤する前に、商品と施策と資金の裏付けが100にふさわしいだけあったのかと考えます。もし商品(ラインナップ)などの準備が80しかないとしたら、マイナス20の責任は本社にある。100を売るためには、100の裏付けをしないとダメだということです。

誠実とは、嘘をつかないとか約束を守るといったことだけなのでしょうか。私は自分の意見や立場を明確にすることも含まれていると思っています。日和見主義やグレーな意思表示は不誠実なことだと思うのです。

業務時間の2~3割が、会議や打ち合わせ絵に費やされている、といわれます。しかし、それに見合うだけの成果があると感じている人は、ごく一部でしょう。なぜこれほど無駄な会議が多いのか。端的にいえば、ゴールが設定されていないからです。

ビジネスマンにとっての数字は、自分に仕事を有利に進めるための武器だと思えばいいのです。そう考えれば、不要な数字に振り回されることもないですし、自分がどんな数字を知っておくべきなのかも自ずとわかってくるはずです。

同期の間で給与に大きな差をつけないという意味では年功序列的ですが、一方で年齢によってポジションを決めることはしていません。会社の中のポジションは、あくまで能力本位で決めています。この点は非常に徹底しています。言い換えれば、徹底して適材適所を図っているのです。

1日15分程度のウォーキングなど適度な運動は、セロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質の働きが強まります。不安が和らぎ、やる気も出る。

ページの先頭へ