大西賢の名言|需要を生み出すためにはどうするかと考える

今は既に需要があるから飛ばすといった思考から脱却していて、需要を生み出すためにはどうするか、といった思考で動いています。

大西賢 の経歴

大西賢、おおにし・まさる。日本の経営者。日本航空(JAL)社長・会長。大阪出身。東京大学工学部卒業後、日本航空に入社。成田整備工場点検整備部に配属され、点検整備畑を歩む。成田整備事業部生産計画グループ長、整備企画室部長、整備本部副本部長、(株)JAL航空機整備成田社長、本社執行役員、日本エアコミューター社長などを経て、本社社長、JALグループCOO(最高執行責任者)、日本航空インターナショナル社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

一番よくないのは「忙しいから部下に仕事を頼む」という姿勢です。相手は敏感に「自分はたまたま暇そうに見えるから任されたのか」と思います。これでは部下のモチベーションは上がりません。そうではなく、「私を成長させようと思って仕事を与えてくれた」と思わせなければいけません。それには「なぜ特定の相手にその仕事を振るのか」について納得のできる理由、「あなただから任せるんですよ」というメッセージが必要です。

臼井由妃の名言|部下への上手な仕事の渡し方


わが社にはおよそ100の子会社があり、ややこしい意思決定ほど私のもとに来ます。でも私は、これまでの意思決定にほとんど間違いはないと自負しています。常に「信・義・仁」に基づいて判断しているからです。「信」とは社会からの信頼を失わないか、「義」とは社会正義に則っているか、「仁」とは他者を思いやっているか、を指します。

北尾吉孝の名言|意思決定を間違わないための3つの判断基準


「ラッキー!」。自分が大腸がんとわかった時、そう思ったんだよね。普通だったら、不安とか息苦しさを感じる状況だけど、ジャーナリストであるもう一人の自分がいてね。もちろん、不安を感じる面もあったけれど、「がんの不安を体験できる。本を書くネタができた」と心が躍った、というわけ。

鳥越俊太郎の名言|ジャーナリストであるもう一人の自分がいた


ここぞという戦いに勝つためには、単に地道な努力を重ねるだけでは十分ではない。その努力は何のためにしているのかを常に意識することも重要。

齋藤孝の名言|その努力は何のためにしているのかを常に意識することも重要


背筋をピンと正して、もう一度、いままで以上に責任感と緊張感をもって、将来に向けて事業を進めていかなければならない。

尾崎裕の名言|改めて姿勢を正すことの大切さ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ