村井満の名言|閉じてしまうと、産業として発展させていくことは困難

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツやフットボールの世界に閉じてしまうと、スポーツを産業として発展させていくことは困難。


村井満 の経歴

村井満、むらい・みつる。日本の経営者。「Jリーグ」チェアマン(日本プロサッカーリーグ理事長)、「リクルートエイブリック」社長。埼玉県出身。早稲田大学法学部卒業後、日本リクルートセンター(のちのリクルート)に入社。人事担当執行役員、リクルートエイブリック(のちのリクルートエージェント)社長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「難しい? だったらなおさらいいものになるから、やってみようよ」と一緒になって技術の限界に挑戦していく。ある意味で、職人たちを「その気にさせる」ことこそが、私の仕事なのかもしれません。

経営者にとって、一番大事なものは素質の有無ですな。その上で道に入って修業して、失敗したり成功したりして、あるコツを会得する。これは、漫才をやるにしても酒屋をやるにしても通じることでしょうが。

進化や変化をしなければ存続できない。

外国人観光客を呼び込むためのマーケティング戦略を外国人に任せたらいいかもしれない。1年くらいかけて企画を練ってもらうのです。役所がやるものって、日本の場合は大抵失敗しますから。

木にはそれぞれ癖があり、一本一本違います。産地によって、また同じ山でも斜面によって変わります。まっすぐ伸びる木もあれば、ねじれる木もある。材質も、堅い、粘りがあると様々です。木も人間と同じ生き物です。いまの時代、何でも規格を決めて、それに合わせようとする。合わないものは切り捨ててしまう。人間の扱いも同じだと思います。法隆寺が千年の歴史を保っているのも、みな癖木を上手に使って建築しているのです。

議論型の会議において、必要少数を集めるには、誰がキーマンなのかをあらかじめ把握しておくことです。当然実務レベルの社員を招集する必要も出てくるが、当人の上司や関連部門の役職者をリストに入れてしまい、出席者数が膨れ上がってしまうケースがあります。その際は、会議の主催者がキーマン以外の候補者を極力少なくするようにすべきです。社内関係者に対しては、会議の目的や趣旨などをしっかりと説明しておくことも必要でしょう。

スーパードライ発売当時は樋口廣太郎社長がメーカーとしての供給責任を全うするために、生産設備などでものすごい投資をしました。この投資がなければ他社が挽回するチャンスはいくらでもあった。この判断があったからこそ、市場の期待に応えられて、トップブランドになれたのでしょう。

ページの先頭へ