清水信次の名言|経営の根幹

どうすればお客様に支持されるのか。それが経営の根幹。それを忘れた途端に経営はおかしくなる。

清水信次 の経歴

清水信次、しみず・のぶつぐ。日本の経営者。ライフコーポレーション創業者。三重県出身。旧制大阪貿易語学校(のちの開明中学・高校)を卒業後、太平洋戦争で中国に出征。戦後は19歳で食品流通・貿易業で起業し、食品スーパーの「ライフ」を創業。同社を日本最大の食品スーパーマーケットチェーンに育て上げた。そのほか、日本スーパーマーケット協会会長、日本チェーンストア協会会長、社団法人全国スーパーマーケット協会名誉会長、日本小売業協会常任理事、国民生活産業・消費者団体連合会初代会長、財団法人国策研究会会長、中内学園流通科学大学理事なども務めた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私がこれまで見てきた組織を振り返ると、優秀な人ほどケンカをしませんでした。なぜなら相手を打ち負かしても、「いいもの」を作れないし、時間やエネルギーの無駄だと分かっているからです。

森川亮の名言|優秀な人ほどケンカをしない


資料に使う数字は、相手が吸収できる情報量に合わせて選ぶことで説得力が増します。相手が3つのデータまでしか数字を把握できなければ、100も200もデータを見せても伝わりません。資料として見せるのは、結論を示す3つに絞り、あとは必要に応じて出していくというスタンスでいいと思います。

大場智康の名言|資料は相手が吸収できる情報量で


田中角栄さんはかつて、5分刻みで面会をこなしたといいます。結果、外に人の行列ができて、それを見た人は「忙しいのに自分に会ってくれるんだ」と、角栄さんに感謝したそうです。それを可能にするには、「一番のポイント」から話し始めると効率がいいと聞いたことがあります。もちろん失礼のないように対応しますが、角栄さんのような時間の使い方は参考になると思います。

小池百合子の名言|「一番のポイント」から話し始めると効率がいい


現代のビジネスはほとんどが「サービス業」。上司、部下、同僚、取引先、顧客との関係――いかに対人関係を上手く築けるかで成果が変わる仕事が大半。相手の感情を大切にする「感情産業」です。つまり「仕事がデキる人」とは、コミュニケーションが円滑にとれる人のこと。

齋藤勇の名言|「仕事がデキる人」とは、コミュニケーションが円滑にとれる人


北海道のコンビニ業界も人口減少による総需要の落ち込みと店舗の過剰感という問題に直面しています。コンビニ業界のフロンティアだった北海道は、今や限られたパイを奪い合う状況になり、もはや個性のないコンビニは生き残れません。

丸谷智保の名言|競争が激しい市場では個性のない企業は生き残れない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ