清水信次の名言|経営の根幹

このエントリーをはてなブックマークに追加

どうすればお客様に支持されるのか。それが経営の根幹。それを忘れた途端に経営はおかしくなる。


清水信次 の経歴

清水信次、しみず・のぶつぐ。日本の経営者。ライフコーポレーション創業者。三重県出身。旧制大阪貿易語学校(のちの開明中学・高校)を卒業後、太平洋戦争で中国に出征。戦後は19歳で食品流通・貿易業で起業し、食品スーパーの「ライフ」を創業。同社を日本最大の食品スーパーマーケットチェーンに育て上げた。そのほか、日本スーパーマーケット協会会長、日本チェーンストア協会会長、社団法人全国スーパーマーケット協会名誉会長、日本小売業協会常任理事、国民生活産業・消費者団体連合会初代会長、財団法人国策研究会会長、中内学園流通科学大学理事なども務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

将来の日本が生きて行くに大切なことは、全部なら一番いいのだが、なるべく多くの人が、日本の国の行き方ということを、国際的に非常に鋭敏になって考えて行くことだ。今度は、自己中心の考え方をしたらいっぺんに潰されてしまう。

入社8年目、営業部門へ異動になりました。配属された時は上司を恨みましたよ。「技術者で入社したはずなのに、なぜオレが?」と憤った。しかし、これも商社勤務の義兄に話すと、「むしろ取引先や社会を知るチャンスだよ」と言われて、踏みとどまった。

日清食品が思い切った施策に踏み込めたのはなぜか。その大きな要因として、同社のブランドマネジャーの職務範囲が極めて広いことが挙げられる。ブランドマネジャーは、いわばそのブランドの社長。技術開発、生産、営業のすべてに関与して指揮を執る。テレビCMを作る際には宣伝部長と交渉し、プレスリリースを出す時には広報部長と交渉する。

4年半前にパイロットから執行役員として経営陣に加わったときには、財務三表すら読めませんでした。本やネットなどで一生懸命に勉強しましたが、ただ知識を頭に入れるだけではなかなか理解できません。そこで客室本部長や整備本部長も僕より多少知っている程度だろうと思い、数人の役員を誘って土曜、日曜に当時話題になっていた本のタイトルからとって、「サルでもわかる会計講座」と名付けた初心者向けの勉強会を始めました。もちろん、財務や経理の実務担当者に追いつけるわけではありませんが、財務三表から何を読み解き、どのように経営に生かせばいいのか判断ができるようになりました。

お客様に支持されるためには「サムシング・ニュー」すなわち、これまでにない差別化された独自性のある商品やブランドを提供する。これに尽きると思います。

マンションでは基本となる躯体部分での差別化は現在、非常に困難です。そこで、細かな使い勝手に関して、さまざまな提案をしております。「こころ躍る住まい」には4つの軸があり、それぞれ「家事がしやすい工夫」「長く使っていただけるバリアフリー、安心への工夫」「収納へのこだわり」「省エネ性能」となっています。これらは当社の半数を占める女性社員が中心となり「本当に暮らしやすい住まい」にこだわって考えました。

コンプライアンスの神髄とは、ただ法律を守ることではなく、企業価値を守るための「リスク管理」だということを意識すべきです。そうしたリスク管理の態勢をつくり、それを発展的に運用していくことが必要となります。そのプロセスこそが大切であり、法律を守ったかどうかという結果だけを見てはいけないのです。

ページの先頭へ