清水信次の名言|経営の根幹

どうすればお客様に支持されるのか。それが経営の根幹。それを忘れた途端に経営はおかしくなる。

清水信次 の経歴

清水信次、しみず・のぶつぐ。日本の経営者。ライフコーポレーション創業者。三重県出身。旧制大阪貿易語学校(のちの開明中学・高校)を卒業後、太平洋戦争で中国に出征。戦後は19歳で食品流通・貿易業で起業し、食品スーパーの「ライフ」を創業。同社を日本最大の食品スーパーマーケットチェーンに育て上げた。そのほか、日本スーパーマーケット協会会長、日本チェーンストア協会会長、社団法人全国スーパーマーケット協会名誉会長、日本小売業協会常任理事、国民生活産業・消費者団体連合会初代会長、財団法人国策研究会会長、中内学園流通科学大学理事なども務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

企画書で一番大切なのは、もちろん企画の中身ですが、同時に、自分が伝えたい中身を「相手にどう受け止めてほしいか」も考えるべき。

組織で働くメリットは、それぞれが得意な分野でフォローし合うためです。さらに言えば、それが社会のしくみだと言ってもいい。どんなに優秀な人でも、一人だけで仕事はできません。だからこそ、自らの知識やスキルを高めるだけでなく、人に任せることを意識的に行なう。任せるのは悪いことではないのです。

予算を把握してメンバーの役割分担を決め、利益を出していく。ゴールに到達するまでの過程では予期せぬトラブルや課題に遭遇しますが、そこで持てる知識と判断力を駆使して適切に対処していくことがマネジャーとしてのベーシックな仕事です。

大事なのは、「○○歳までにいくら」という目標数字を明確にすること。私は50歳で独立したいと考えており、そこから逆算して投資を進めました。ただ、老後のお小遣い程度でよければ、月5万円もあればいい。そこを明確にしておかないと、焦って失敗したり、逆にタイミングを逃したりします。

起業してから数えきれないくらいいろんな方にお会いして、その後も様々な場面でいろんな方に助けていただいて、影響を及ぼし合って、一人では絶対できないような事業を創っていると、人間って素晴らしいなぁ生きててよかったなぁって思うんです。個人事業をやってるわけじゃないんだから、事業を創るのも人の繋がりが本当に大事で、大切にしたいなと思っています。

試作品をつくるとき、材料を100円ショップで探すなど、お金をかけない工夫を心がけると、企業の開発担当者にない発想が生まれる。

当社もリーマンショックで厳しい状況に陥り、再建計画を進めてきました。計画は昨年末に達成することができ、新たな成長に向けて動き出しています。市場の追い風もあったのでしょうが、社員の努力、情熱があったからこそ、市場も味方してくれたのだと思います。

成功にあぐらをかいて、変化を忘れれば、成長は持続できません。

30代の僕に自分のキャリアについて明確な戦略があったわけではありません。けれどもやりたいことに取り組むことを通して、自分の強み、つまりは国際派としての知識や人脈を伸ばそうということはいつも意識していました。

米ブルッキングス研究所に出向し、その後、米国三井物産で10年間、アメリカに身を投じて、いろいろな人に出会い、私自身のモノの見方や考え方が変わっていきました。そして、その都度、文献を読み漁り、自分なりの仮説と実証分析を繰り返してきた。

趣味を継続していくエネルギーは好奇心でしょう。凝り性の私は、ヨットに没頭すると、ディーゼルエンジンの構造を勉強し、ヨットにまつわる道具の発達史を研究したりもしました。さらに、GPSなどなかった昔の航海に思いを馳せ、海図を読み、方位も観測できるようになろうと思ったものです。すると、天文学や気象学にも興味がわき、これはこれで奥が深い。つまり、趣味が核になり、いろんな分野を知ることができました。こうして仕込んだ知識は、様々なことに応用しています。

評価されないとこぼす人ほど、じつは社内人脈が弱いものです。同期と不満を言い合っても決断の経験値は上がりません。

幻想を抱いて間違った施策を取るのではなく、客観的事実を見据えて正しい戦略を立てよ。

ページの先頭へ