清水信次の名言|私にとっての海図はお客様

私にとっての海図はお客様。いくらいい店をつくろうと、いい商品を置こうと、お客様がつかなくてはつぶれてしまう。

清水信次 の経歴

清水信次、しみず・のぶつぐ。日本の経営者。ライフコーポレーション創業者。三重県出身。旧制大阪貿易語学校(のちの開明中学・高校)を卒業後、太平洋戦争で中国に出征。戦後は19歳で食品流通・貿易業で起業し、食品スーパーの「ライフ」を創業。同社を日本最大の食品スーパーマーケットチェーンに育て上げた。そのほか、日本スーパーマーケット協会会長、日本チェーンストア協会会長、社団法人全国スーパーマーケット協会名誉会長、日本小売業協会常任理事、国民生活産業・消費者団体連合会初代会長、財団法人国策研究会会長、中内学園流通科学大学理事なども務めた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ビジネスを考えて、実行して、軌道に乗せるという循環が好きなので、いつでも新しいことがやりたいという思いはあります。これからも、お客さんの「あればいいな」という潜在ニーズを引き出して、サービスとして顕在化していきたいです。

笠原健治の名言|お客さんの「あればいいな」を形にする


上司、そしてさらに上の役職者と付き合うことによって、ビジネスマンは視点の高さを手に入れられます。視点が高ければ、問題のとらえ方が多角的・広角的になり、仕事の幅も出てきます。いつでも「上位者だったらどう考えるか」という意識を持つようにしましょう。

佐々木常夫の名言・格言|上役たちと付き合うメリット


最後は、いかに付加価値を上げるかということに行き着く。そのためにも、コトづくり、ストーリーづくりが大切。

小林喜光の名言|最後は、いかに付加価値を上げるかということに行き着く


「アマチュア引退後に、プロの世界で活躍したい」という夢があったことも幸いしました。「プロになるには、世界のショーからオファーをもらうぐらいの圧倒的な実績が必要」と周囲から助言されたこともあり、「メダル獲得=プロへの切符」を目標に据えて、その達成のために練習に励みました。そうして、2004年の世界選手権で優勝できたのです。

荒川静香の名言|メダル獲得=プロへの切符


大事なのは、まず小さく賭けること。新製品の開発は賭けですが、失敗したときに取り返しがつかなくなるような賭けには出ません。たとえば、まず地区限定で売ってみる。あるいはバリエーションの数を絞る。「5種類もつくるな。3種類にしておけ」と言ってやっています。

鈴木喬の名言|大事なのは、まず小さく賭けること


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ