清水信次の名言|重要なのは、目の前のことよりも本質をとらえること

重要なのは、目の前のことよりも本質をとらえること。

清水信次 の経歴

清水信次、しみず・のぶつぐ。日本の経営者。ライフコーポレーション創業者。三重県出身。旧制大阪貿易語学校(のちの開明中学・高校)を卒業後、太平洋戦争で中国に出征。戦後は19歳で食品流通・貿易業で起業し、食品スーパーの「ライフ」を創業。同社を日本最大の食品スーパーマーケットチェーンに育て上げた。そのほか、日本スーパーマーケット協会会長、日本チェーンストア協会会長、社団法人全国スーパーマーケット協会名誉会長、日本小売業協会常任理事、国民生活産業・消費者団体連合会初代会長、財団法人国策研究会会長、中内学園流通科学大学理事なども務めた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

今までの日本人は「能ある鷹は爪を隠す」だった。でも、爪は隠していると尖らないんだよ。爪を尖らすためには使わないと。

夏野剛の名言|爪を尖らすためには使わないと


大豆油を食用にし、脱脂大豆(油を搾ったあとのいわゆる「豆かす」)を、醤油、味噌、豆腐の三大用途に使うことを完成し、私の生涯の理想もここに至ってはじめて実現したことになるのである。「杉山さん、あんた、これだけのことを国家に対してやったのだから、勲章をもらわなければいけませんね」と冗談を言う人があるが、私も「せめて勲三等ぐらいならね。四等より下ならご辞退しますよ」と冗談を言うのである。

杉山金太郎の名言|資源を有効活用する


素直に頭を下げると、たとえ党が違ってもみんなちゃんと教えてくれる。

藤巻幸大の名言|素直に頭を下げると教えてくれる


パブリックな薄っぺらい信用はどうでもいいんです。僕にはがっちりグリップしている一定の層があって、僕はその人たちを大事にしてきたし、その人たちも応援してくれている。もともと僕は、わかってくれる人だけわかってくれればいいというスタンスでやってきました。検察がきたから今後はケアしていかなきゃいけないけど、わかってくれている人はずっとわかってくれている。それが僕のいう「信用」です。

堀江貴文の名言|わかってくれる人だけわかってくれればいい


昇進や昇格など重要ポジションの決定ほど「評判」が大きくモノを言います。その理由は、立場が上がるにつれて「人をマネジメントする」業務の比重が高まるためです。

相原孝夫の名言|「評判」が大きくモノを言う


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ