清水信次の名言|重要なのは、目の前のことよりも本質をとらえること

このエントリーをはてなブックマークに追加

重要なのは、目の前のことよりも本質をとらえること。


清水信次 の経歴

清水信次、しみず・のぶつぐ。日本の経営者。ライフコーポレーション創業者。三重県出身。旧制大阪貿易語学校(のちの開明中学・高校)を卒業後、太平洋戦争で中国に出征。戦後は19歳で食品流通・貿易業で起業し、食品スーパーの「ライフ」を創業。同社を日本最大の食品スーパーマーケットチェーンに育て上げた。そのほか、日本スーパーマーケット協会会長、日本チェーンストア協会会長、社団法人全国スーパーマーケット協会名誉会長、日本小売業協会常任理事、国民生活産業・消費者団体連合会初代会長、財団法人国策研究会会長、中内学園流通科学大学理事なども務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

個性だ何だ、世の中が言うから悪い。そんなもんないと思えば、何ごとも「奥様のおっしゃる通りでございます」とできるんです。第一、間違ったことを言ってこっちが変なことになったら、向こうも困るんだからね。でも大体間違ってないですよ。「あいつの言うことを聞いてひどい目に遭った」というのはない。

自分でお金を生み出し続けることができれば、社会から求められているという実感が得られ、現役を退いても生きがいを感じられる。

どんな会社でも、現場と上層部の意見は衝突するものです。むしろ、互いの意見をぶつけ合い、混沌とした状態を積極的につくり出すべきだと私は考えています。外資系企業では、社内で意図的に衝突を起こし、そこから生まれる化学反応によって会社の競争力を高める「コンフリクト(葛藤・紛争)・マネジメント」という手法があるほどです。

才能があっても、胸くその悪くなるような輩(やから)もいれば、いくつも欠点を持っていて、快感を与える人もいる。

準備の段階では常に最悪の状況を想定したネガティビストになれ。
試合の当日になれば、やるべきことは全てやったという開き直りを持ったポジティビストであれ。

飲食業に本格的に参入すると決めたとき、不況の中でも利益をあげている店舗に注目し、その共通点を話し合いました。すると「ミシュランの星を取っていること」か「立ち飲みのスタイルであること」、この2点が共通点としてあげられました。一流の腕と立ち飲みを組み合わせたら流行すると予感がしました。

これまでビールの営業は出荷数量、売上高にこだわり過ぎていたと思います。私もこの間、営業マンに同行して得意先の話を伺ってきましたが、すばらしいプレゼンをしてもらっているというお褒めの言葉をいただく一方で、課題も見えてきました。プレゼンの中身が全部「売上」をベースにしていたのです。そこで、ある得意先に「社長、本音では売上よりも粗利ベースの提案をして欲しいんじゃないですか?」と水を向けたら「いや、それはそうですよ」とおっしゃるわけです。もちろん売上も多い方がいいけれど、お得意様(小売店)のニーズはむしろ粗利のほうを向いている。営業には、そこを考えないといけないぞと説教しました。

ページの先頭へ