池田匡弥の名言|その時々の波に翻弄されず、自分を見失ってはいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

人は誰しも良い時と悪い時が波のようにやってきます。その時々の波に翻弄されず、自分を見失ってはいけないんだということを肝に銘じております。


池田匡弥 の経歴

池田匡弥、いけだ・まさひろ。日本の経営者。「マンパワーグループ」社長。慶応義塾大学経済学部卒業後、サントリーなどを経てマンパワー・ジャパンに入社。銀座支店支店長、首都圏東統括部統括部長、東日本地域本部営業本部長、執行役員副社長などを経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ルセットのパンは究極のパンを目指していますから、品質の維持がとても難しいんです。卵や牛乳など、素材に妥協しないのはもちろんのこと、水や塩にまでこだわっています。イーストや添加物を一切使用せず、天然酵母のみで発酵させているのも特徴です。工程も複雑なだけに、一日につくれる量が限定されてしまうのです。

事業にも終わりがあります。その終わりを事業部がみずから判断するのは非常に難しい。そのために本社やカンパニーがあると考えています。これは、事業の立ち上げの時も同じですけれども。

企業犯罪の大半は、自分の職場で自分の仕事の延長で行われますが、それは慣れた場所で慣れたことをやるのだから絶対にバレないだろうと考えるからです。とくに、お飾りの上司が1、2年でかわっていくような職場は犯罪が起こりやすい。腰掛けの上司は仕事のチェックが甘いので不正や横領が露見しにくく、バレる可能性が低くなりがちなのです。

人材採用の面接で再三にわたって「なぜ、何のために働くのか」という質問を繰り返すことで、人の役に立つことや自分の成長そのものが「喜び」なのだと気づいてくれた人を採用するのです。自動車販売を通じて、お客様や同僚との絆を深めるプロセスこそが喜びと気づくこと。それが当社の原動力なのです。

人のやっている仕事は私がとって代わってみても、その人と私との栄枯盛衰でしかない。しかし、もし新しい仕事をひとつ付け加えたり、行き詰った仕事を立てなおすならば、それだけ世の中のプラスになる。それは男としてやりがいのある仕事だから、そんな仕事だけをやってみよう。

自分が生きて存在しているという、これに勝る喜びがあろうか。死を憎むなら、その喜びをこそ日々確認し、生を楽しむべきである。

常に技術的な優位性を保つこと。特定の分野でいいので、ここは絶対に負けないという強さを持つことが大切です。

自分が勤めている会社が、10年後に存在しているかどうかさえわからないんだから。嫌な仕事をグッと我慢して、会社にぶら下がりながら生きていくという生き方は、いまは報われないどころかリスクでさえあります。

天職を全うすれば、その結果自然と発生する報酬を受けることができる。

上限を自分で決めず、努力を重ねることが大切。

ページの先頭へ