池田匡弥の名言|成績に波があるときこそ、普段の心がけが大事

成績に波があるときこそ、普段の心がけが大事。

池田匡弥 の経歴

池田匡弥、いけだ・まさひろ。日本の経営者。「マンパワーグループ」社長。慶応義塾大学経済学部卒業後、サントリーなどを経てマンパワー・ジャパンに入社。銀座支店支店長、首都圏東統括部統括部長、東日本地域本部営業本部長、執行役員副社長などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

管理職ではなく、リーダーになりましょう。上から命じられてなるのが管理職、下から担ぎ上げられてなるのがリーダーです。実績がなく、上司の覚えがめでたいヒラメ社員でもなれるのが管理職であり、下から人望や期待、目に見える実績がなければなれないのがリーダーです。自分の夢や目標を語る、オープンで有言実行タイプがリーダーに適任です。

倉重英樹の名言・格言|管理職ではなく、リーダーを目指す


国や家が窮乏に陥るのはなぜかといえば、分内の財を散らしてしまうからである。これを散らさないようにさえすれば、国も家も必ず繁栄を保つことができる。国や家の衰えを興そうとするには、何よりもまず分度(予算)を立てるがよい。分度が立ちさえすれば、分内の財が散らないから、衰えた国も興すことができ、つぶれかけた家も立て直すことができる。

二宮尊徳の名言|家計の立て直しは、予算を立てて予算内でやりくりすることから


よくお客様にまで「今日はうちの社長が来ています!」と、アピールするメーカーがありますが、私はそういうことはしたくないのです。お客様の生の声を聞くことも、販売店訪問の重要な目的のひとつですから、社長であることを隠して店頭に立ち、実際に商品を売ります。社長と知って、商品について率直な意見をいう人はいませんから。
【覚書き|毎週必ず販売店店頭に立つことについて語った言葉】

松田憲幸の名言|身分を隠して店頭で商品を売る理由


事業は人です。お客様が契約を結ぶとき、思い浮かべるのはNECのロゴではなく担当者の顔です。

遠藤信博の名言|お客様が契約を結ぶとき、思い浮かべるのはNECのロゴではなく担当者の顔


従業員が本音で会話ができなければ、経営者は自社で何が起きているか把握できません。綺麗ごとばかりが経営層に伝わってしまいます。

日和佐信子の名言|従業員が本音で話せなければ経営者に本当の情報が伝わらない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ