池田匡弥の名言|成績に波があるときこそ、普段の心がけが大事

このエントリーをはてなブックマークに追加

成績に波があるときこそ、普段の心がけが大事。


池田匡弥 の経歴

池田匡弥、いけだ・まさひろ。日本の経営者。「マンパワーグループ」社長。慶応義塾大学経済学部卒業後、サントリーなどを経てマンパワー・ジャパンに入社。銀座支店支店長、首都圏東統括部統括部長、東日本地域本部営業本部長、執行役員副社長などを経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

仕事のゲーム化には、情報をオープン化、ソーシャル化するという副次的なメリットも期待できます。チームのマネジメントを担当するポジションの方であれば、メンバーの進捗状況を知る手だてにもなります。また、ゲームに参加するプレイヤー同士のコミュニケーションの促進という、目に見えにくい部分でも力を発揮します。

数字に弱い社長は、会社を潰す危険性も高い。まず数字に強くなること。決算書を十分に理解し、改善策が打てること、資金繰りを自分でできるようになること、損益分岐点売上高がいくらかを把握しておくこと、この投資は何年で回収できるのかを理解しておくこと、今の借入金は今年の税引後利益と減価償却費だと何年で返済できるのかを把握しておくこと。

私の考える投資の目的は「世の中を良くして明るい未来を作る」ことです。仕事にエネルギーを注ぎ込んで世の中が良くなれば、未来は明るくなるし、自分自身もより良い人生を送ることができる。だから、将来に投資するつもりで、働いてください。

不快感を抱く瞬間というのは、じつはグッと体温が上がる瞬間でもあります。リスクをとること、変化すること、それを繰り返していければ、自然と熱いものになっていきます。

部下を育てるためには、上司が明確な意図と覚悟をもって部下に仕事を任せなくてはならない。

悩むと人は「ゼロか100か」思考に陥る。

私は仕事で失敗したことがありません。秘訣は萬事入精(誠心誠意立ち向かい、日夜奮闘して成功させること。初代住友当主、住友政友が残した住友事業精神の中の一節)です。あらゆる方法論を検討し、多角的にものを見るのです。もちろん苦悩はありますが、それを機会ととらえるかピンチととらえるかは心の問題です。

ページの先頭へ