久保征一郎の名言|創造しながら、壊していく

新しく参画してくれる人には、「何でこんなやり方でやっているの?」と、どんどん言ってもらいたい。創造しながら、壊していくというのがこれからの「ぐるなび」には必要だと思っています。

久保征一郎 の経歴

久保征一郎、くぼ・せいいちろう。日本の経営者。「ぐるなび」社長。東京都出身。東京工業大学工学部電気工学科卒業後、光陽製作所勤務、テックメイト設立、NKB取締役・常務取締役、ぐるなび専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私が大切にしている経営理念の一つに「会社は反物(たんもの)のように紡ぐ」というものがあります。反物には経糸(たていと)と緯糸(よこいと)がありますが、経糸が途中で切れても、織り込む緯糸が途中でなくなっても、反物を織り続けることはできません。私が考える会社にとっての経糸は「創業者精神」、緯糸は「時代に合った新規事業への参入」です。

集中したときとリラックスしたときの差が大きいほど、集中力は高まります。

一夜で大成功を成した相場師たちは何年か後には転変の波に流されていきました。それはなぜかというと「奢り」です。相場という一種の「虚」の世界で積み上げた富を、虚のままで浪費してしまったためです。株で一発当てたという人は、悲しいかなその金の活かし方を知りません。お大尽のごとくふるまって使い果たすか、その後の勝負で敗退するかのいずれかです。

会社を支えてきたのは社の気風によるところが大きい。絶え間ないイノベーションが必要な会社であり、それを起こさない限り会社は継続できないという文化があります。

話し下手を克服するなら、まずやるべきことは準備です。最初からアドリブの達人を目指してはいけません。準備をして本番に臨むことを繰り返していけば、自然とアドリブも利くようになります。

物事をポジティブに捉えながら共感し、協働できる職場なら、自然に人が育ち、業績も高水準にあるもの。

おバカと言われることは気にしてないです。ただただ一生懸命クイズをやってきた結果がこうだったので、素直に受け止めてます。

ストレスを抱える人が多いといわれる時代ですが、ストレスが生じる理由のひとつに、高望みしすぎるということがあるのではないでしょうか。バラ色のストーリーを描きすぎるということです。ものごとは9割方うまくいかないものだと考えればいいのです。うまくいかなくて当たり前だと思えばこそ知恵も出ます。A案が駄目ならB案、C案でと用意する。A案だけ考えて、うまくいくはずだと思うから、駄目だったときに打ちひしがれてしまうのです。

良いと思うこと、正しいと思うことは最初からちゃんとやりなさい。他社がやったからと言うのはおかしいじゃないか。
【覚書き:最新式底吹き転炉を他社に先駆けて導入した時の発言】

経営者として最初に考えるのは損切りです。損した時に、財務的に耐え得るか。あとは、案件を持ってくる人がどれだけプロジェクトと心中する気があるか。情熱がなければ、いくら良さそうな案件でもダメです。

ページの先頭へ