久保征一郎の名言|ぐるなびの使命は「日本の食文化を守り育てる」こと

ぐるなびの使命は「日本の食文化を守り育てる」こと。飲食店や生産者の思いを伝える場所である「ぐるなび」があることで、飲食店や生産者は顧客を増やし、リピーターを増やすことも可能です。そして、それらの活動の結果として、食文化が育ち、日本の文化が豊かになっていくのだと信じています。

久保征一郎 の経歴

久保征一郎、くぼ・せいいちろう。日本の経営者。「ぐるなび」社長。東京都出身。東京工業大学工学部電気工学科卒業後、光陽製作所勤務、テックメイト設立、NKB取締役・常務取締役、ぐるなび専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

結果を出すには過去の成功にとらわれず、未来だけを考えて決断することが大事。

松本大の名言|結果を出すには過去の成功にとらわれず、未来だけを考えて決断することが大事


大衆娯楽だった映画も、今はある一定のファンを中心とした娯楽に変わっていると思います。我々は心に残る作品を作り、地上波、衛星波、DVDなど、色々な形で使っていただけるようにしていきたい。

迫本淳一の名言|大衆娯楽だった映画も、今はある一定のファンを中心とした娯楽に変わっている


会社は多くの人で成り立っている。とくに当社のようなメーカーでは、特別なエリートではない普通の社員たちを納得させたうえで、ひとつの方向へ引っ張っていかなければならない。すると、正論を吐き、ハードワークを強いる「強さ」だけでは人は付いてこない。だから社長には「チャーム(魅力)」があることも大切だ。ゆきすぎるほどの情熱、スーパーな知性があるのに、人間的な魅力にあふれ、ほほえましい可愛げもある。そんな人がリーダーになると私は思う。

八木洋介の名言|リーダーには人間的な魅力が必要


これからは「ちょっと普通とは違うけど、突出した何かを持っている人」を活かす会社でなくては生き残れない。

渡邉幸義の名言|「ちょっと普通とは違うけど、突出した何かを持っている人」を活かす会社でなくては生き残れない


段取りどおりが一番つまらない。生放送はハプニングこそ面白いんだ。

タモリの名言|段取りどおりが一番つまらない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ