久保征一郎の名言|違いは本質をしっかり押さえていたこと

ライバルにはブランド力がありますから、正直、当時は、どうなるかわかりませんでした。ところが、後から登場したライバルのサービスよりも、ぐるなびのサービスのほうが質が高かった。違いは何かというと、ぐるなびは、飲食店情報をどう出すべきか、という本質をしっかり押さえていたことです。また、それができたのは、過去10年間生活情報の提供を手掛けてきたノウハウでした。当時は、それがノウハウだとは思わずに仕事をしていたのですが、知らず知らずに「生活情報は、どう出すべきか」ということを学習していたわけです。

久保征一郎 の経歴

久保征一郎、くぼ・せいいちろう。日本の経営者。「ぐるなび」社長。東京都出身。東京工業大学工学部電気工学科卒業後、光陽製作所勤務、テックメイト設立、NKB取締役・常務取締役、ぐるなび専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

起業家本人の強烈な願望がないと、事業は絶対に立ち上がりません。しかし立ち上がったとしても、それだけでは成長しきれないんですね。どこかで踊り場につきあたります。そこでもう一度、自分は何のためにビジネスを行なうのか、どうすれば社会に貢献できるのかといったことを、みずからに厳しく問い直す必要がある。言い換えれば、事業の未来にある種の社会性が伴ってはじめて、その旗のもとに多くの仲間が共感して集まり、成長のダイナミズムが生まれるのです。

井上陽介の名言|事業の未来にある種の社会性が伴ってはじめて、その旗のもとに多くの仲間が共感して集まり、成長のダイナミズムが生まれる


自分の足元の仕事をバリバリやっていると、それは誰かが絶対に見ていて、「おっ、そこまでできるか。じゃあ次はこれをやってみろ」と次のレベルの仕事をくれるんです。そしてまたその仕事をこなすと、もうひとつ上のレベルの仕事が来る。それを繰り返しているうちに、どんどんいろんなことが見えるようになって、仕事も楽しくなっていくものなんです。

松本大の名言|自分の足元の仕事をバリバリやるうちに、レベルが上がり仕事も楽しくなる


感情の起伏が激しい上司に対して、「あの人は心配性だから上司の器じゃないね」なんて批判する人もいます。正しい意見かもしれないけれど、そんな上司にネガティブな感情を持たれたら、自分の評価は大きく下がってしまいます。だからこそ、上司の感情に注目することがとても重要です。

鳥越慎二の名言|上司の感情には要注意


HISはここ2、3年成長が止まり始めている。我々の古いビジネスモデルがそろそろ通用しなくなっている。時代に合った、世界に通用する新たなビジネスモデルを構築し、2桁成長を目指そうと社内に言っています。

澤田秀雄の名言|時代に合った、世界に通用する新たなビジネスモデルを構築し、2桁成長を目指そう


とくに年長者は、敬語が不足したり間違ったりしている相手に対して、「なれなれしい」「礼儀を知らない」といった悪い印象を持つものです。

小林作都子の名言|年長者に対する話し方に気を付けることの重要性


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ