久保征一郎の名言|誰もやっていないことを追求して仕事をしてきた

誰もやっていないことを追求して仕事をしてきたので、非常にやりがいのある仕事でした。

久保征一郎 の経歴

久保征一郎、くぼ・せいいちろう。日本の経営者。「ぐるなび」社長。東京都出身。東京工業大学工学部電気工学科卒業後、光陽製作所勤務、テックメイト設立、NKB取締役・常務取締役、ぐるなび専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人の行動を見る方がいい。行動は嘘をつきませんから。例えば仕事を頼んだ後、その人が席に戻って、何をするのかじっと観察します。すぐに動かなかったら、仕事に興味がないとわかる。

森川亮の名言|行動は嘘をつかない


いまはこちらが何も言わなくても、ムダがあれば現場が自ら直してくれる。そういう文化が形成されてきている。何年も同じことを言ってきたからだ。スムーズに改革が進んでいるのを肌身で感じている。

山本良一の名言|何年も同じことを言えば現場は動く


相手の感情に訴えるのも重要です。しかし、感情を込めて話すと客観性を欠いて見えるので逆効果。正しい方法は、提案に至った動機を「淡々と」話すことです。自分自身の経験、顧客のエピソードといった、ストーリー性のある話をしましょう。感情的な表現をしなくても、その話の内容自体が、聞き手の心を動かします。

山岸和実の名言|淡々と相手の感情に訴える


共働きの場合、家賃は夫、食費は妻などと、支出の役割分担だけ決め、あとは各々が自分の家計を管理している夫婦が多い。そうなると、相手の収入を把握していないというケースがよく見られます。そういう夫婦は、貯蓄もあまりできていません。まず、世帯収入を確認。そのうえで貯蓄の目標を明確にしましょう。共通目的のもと、夫婦で貯蓄するほうが、ムリなく長続きできるのです。

氏家祥美の名言|共通目的のもと、夫婦で貯蓄するほうが、ムリなく長続きできる


上場を準備する際、当社の強みを活かすこと、そして継続性と収益性を考えて、2つの事業から撤退し、継続率が高く強みを活かせるインターネットを活用した2つの事業に集中することを決めました。撤退した2つの事業で8億円以上の売上がありましたから、自分たちの中では非常に大きな決断をしたのだと思います。

富田直人の名言|継続率が高く強みを活かせる分野に集中する


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ