エラスムスの名言・格言|予防の重要性

予防は治療に勝る。

エラスムス の経歴

デジデリウス・エラスムス。オランダ南部に位置するロッテルダム生まれの司祭、人文主義者、神学者。オランダ紙幣に肖像が描かれた人物。『痴愚神礼賛』『自由意志論』『反論(ルターの奴隷意志論への反論)』『平和への訴え』などの著作を残した。衒学的になっていた教会と神学に対し警鐘を鳴らした人物

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

勝つための大きな鍵は、相手の素性を知ることである。交渉であれ、戦争であれ、人前でのスピーチであれ、この情報がかけがえのない価値を持つ場合がある。

営業力とは「案件数×ゲット率×案件単価=成績」の方程式で表される。「ゲット率」を上げるには、クロージングまで持っていく高いコミュニケーション力が不可欠。「案件単価」を上げるにも、単価の高い契約につながる富裕層の心をつかむ教養が必要。どちらもすぐに身につく力じゃない。でも「案件数」は、面談数を増やすだけ。いわば行動を増やすだけだから、どんな人でも今日からできるわけです。

彰義隊の戦争の日だったが、官軍200人ばかり出て、俺の家を取り囲んで、武器などはいっさい奪い去ってしまった。しかし、このとき俺が幸いに他行(外出)していたために、殺されることだけは免れた。こんなふうに九死の中から一生を得たことは、これまでずいぶん度々あったよ。思えば俺も幸せ者さ。

選挙のことなど何も分からないし、私なりの政治家像もありませんでした。ゼロからのスタートだったことが長続きしている理由かもしれません。
【覚え書き|岐阜県議会選挙に立候補した当時を振り返っての発言】

命がけでやって、うまくいかなければそのときだと開き直った。

謙虚に。思い上がったり、出しゃばったりしないこと。そして人の立場を理解しること。お互いに他人を認め合って物事に処したなら、たいがいのことはうまく運ぶ。【覚書き:処世訓を聞かれた時の返答】

手帳に「自分の考え」や「将来の希望」「元気をもらった言葉」などを書いては読み返すようにしていたら、そのうち手帳を開くのが楽しくなってきました。それだけではなく、頭が整理され、やる気が出てくるのです。手帳にこんな効果があるとは自分でも驚きでした。

人間は、見えないものだ。人を評価するとき、自分の目で見きわめるのはもちろんだが、その上司、同僚や同期、さらに部下の意見さえも聞いて判断しなさい。人の能力や個性はそれくらい見えないものだ。

厳しい環境が否応なく私を変えてくれ、生きる道を教えてくれた。

娯楽という分野は、つねに従来と異質のものを開発しなければならないのです。つまり改良の程度ではダメです。このビジネスの世界は一日かかって説明しても、なかなか理解してもらえないのではないかと思うほど難しい。

ページの先頭へ