源氏鶏太の名言・格言|甘ったれるな勇気を失うな

このエントリーをはてなブックマークに追加

人間は勇気を失ってはおしまいなのである。甘ったれてはならぬのである。


源氏鶏太 の経歴

源氏鶏太、げんじ・けいた。日本の作家。富山県の置き薬売りの家庭に生まれる。高校卒業後、住友本社に入社し経理課長代理まで昇格した。太平洋戦争後はGHQから住友本社の清算事務を任される。その後、泉不動産(現:住友不動産)総務部次長を務め、一貫して経理畑を歩んだ。戦前はサラリーマン生活をしつつも執筆を行い懸賞小説に応募。戦後は本格的に執筆活動に入った。『英語屋さん』で直木賞、『口紅と鏡』で吉川英治文学賞をそれぞれ受賞。そのほかの代表作として、東宝大ヒット映画『社長シリーズ』の原作となった『三等重役』、テレビドラマ化された『七人の孫』などがある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

株式ブローカーってやつは他人の金を投資につぎ込み続けるんだ。すっからかんになるまでね。

働くということには、不平や不満がつきまとうように運命づけられている。その宿命に簡単に負けたのではおしまいである。自分を不幸にするだけだ。あえてその宿命に挑戦する気になったら、そして、それによって自分という人間の真の値打ちを知ろうと努力する気になったら暗闇の中に一条の光明を発見できるかもわからないのである。そのためには勇気が必要である。

どんな出来事も偶然も、意志の強い人の強固な決断を妨げることも、阻止することも、抑えつけることもできない。

他人もまた同じ悲しみに悩んでいると思えば、心の傷は癒されなくても、気は楽になる。

人間と人間とが関わりあうということは、本来的にうれしい、楽しいことなんです。知らない人を知る喜びがある。男と女も、そう。ただ不幸なことに、我々はいつでも坂道で出会ってしまう。

苦難の時に動揺しないこと。これは真に賞賛すべき卓越した人物の証拠である。

他人の悪口ばかり言うやつは嫌われる。陰湿な妬み根性は暗く厭わしい。ある人物がこれから成長するか否かは、同輩など他の人物の美点を認める度量があるか否かによって測りうる。他人を褒める心の余裕を欠いている僻み屋は決して伸びない。悪口はイカが墨を吐くのと同じく周辺を暗くする。

おれは、20代の前半、どうしても放送作家、劇作家、シナリオライターのいずれかになりたかった。自分の書いたものが、自分以外の誰かに認められたかった。それも、気心の知れあった仲間ではなく、まったく未知の、そしてプロの道を歩いている人に認められたかった。そのためには懸賞を狙うしかない。審査員の人たちはプロである。プロに認められなければ意味がないと考えた。そう考えた途端に燃えたものだ。睡眠不足も、燃えれば解消する。

多くのことをする手っ取り早い方法は一度にひとつずつ片付けることだ 。

青春とは人生のある時期を言うのではなく、心の様相を言うのだ。逞しき意志、優れた想造力、燃ゆる情熱。おびえを退ける勇気、安易を振り捨てる冒険心、こういう様相を青春というのだ。年を重ねただけで人は老いない。理想を失うときに初めて老いが来る。歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失うときに精神はしぼむ。

ページの先頭へ