石川光久の名言|もう意地だけで会社を設立してしまった

自分が独立してキチッとできると、予算もキチッと立てて面白いモノができるというところを見せたかった。もう意地だけで会社を設立してしまいましたね(笑)。28歳の時です。

【覚え書き|プロダクションI.Gを設立した当時を振り返って】

石川光久 の経歴

石川光久、いしかわ・みつひさ。日本のアニメーション・プロデューサー。アニメーション制作会社「プロダクションI.G」社長。東京都出身。明星大学卒業。竜の子プロダクションを経て独立。アイジータツノコ(のちのプロダクションI.G)を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人は、甘えて弱い立場でいようとする限り、しきりに望みながら嘆き、過ちを重ね、心に悔いを残して生き続けてしまいます。しかし、胸の内の暗闇を振り払い、立ち上がろうとする気持ちが起きた瞬間から、人は「最高の人生」の実現に向けて行動しているものです。

仕事を円滑に行うのにスキルはあった方がいいし、足りない知識を補うために自分で勉強するのもまた大事なことです。ただ、それには弊害もあることを忘れてはいけません。実際のビジネスで、ケーススタディでやったことがそのまま当てはまる状況などまずないのに、なまじMBAを持っていたりすると、自分が勉強したケーススタディの範囲だけで答えが出ると思ってしまうのです。こうなると、環境の変化に対しダイナミズムをもって対応できなくなります。そんな人に、大きな仕事を任せようという気にはなりません。

過去の人達の努力に比べたら自分のしていることは、大したことありません。夢と希望を持っていたにも関わらず亡くなった方々は、今も過去も山ほどいます。その方々のことを思えば、いくらでも努力できると私は思います。

最善を尽くせば結果はついてくる。結果を求めてバタバタせず、今、最善を尽くすことが結果を作り上げることにつながる。

夜遅くに食べなければ、よく眠れて、朝すっきりと目覚められる。朝の気分が良ければ、一日の気分が良い。元気に過ごすと、また夜には良い睡眠が取れる。全部つながっているので、どこからでもいいから、始めの一歩を踏み出すことが大切。

モノづくり大国の日本は製造現場の意見を尊重しがちですが、良いものだからといって採算度外視でモノを作っても意味はありません。モノづくりは目的ではなく、あくまでプロセスです。

日本の経営者たちは優秀ですが、なかなか驚かせてくれません。事業内容も目標設定も控えめ。これでは周りも、やっている本人も楽しくないでしょう。

僕はラクしてこの世界に入った人間。学生時代からメンズノンノのモデルをして、表紙までやらせていただいて、アッという間に役者にもなれた。でも、段々、人から飽きられてきた。つくづく自分は武器を持たずに、この世界に入ったんだと身に染みましたね。どうするか模索する日々が続いたんです。

僕も上司に対して「僕の使い方を誤っている」と思ったことがあります。赤ペンを手にとり、一字一句に修正を入れるかのような指示だったのです。これは、マネジメントとしてはまったく的を得ていません。僕のやる気は、任せてもらったときにスイッチが入るのですから。細かく指示を出す上司は、ただ自分の地位を誇示したいだけなのです。

中村(時広)知事がよく「チーム愛媛」という言い方をされるのですが、県と20市町が連携して、愛媛の観光の魅力を高めていくことは大切ですね。観光は地域間競争でもありますが、松山だけ良ければいいではありませんから。観光部署でも、松山だけでなく、他の市町さんと一緒に旅行商品を作ることもしています。

ページの先頭へ