石川光久の名言|日本のアニメーターのすごさは日本らしさ

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本のアニメーターのすごさは日本らしさ。つまり、ディティールにこだわる。たとえば、衣服を描くとき、生地の質感とか、めくれたシャツの裏地まで研究して描く。アメリカ人だとこうはいかない。


石川光久 の経歴

石川光久、いしかわ・みつひさ。日本のアニメーション・プロデューサー。アニメーション制作会社「プロダクションI.G」社長。東京都出身。明星大学卒業。竜の子プロダクションを経て独立。アイジータツノコ(のちのプロダクションI.G)を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

背は低く、酒も飲めない、欠点の多い私に対して、選手が一目も二目もおいてくれ、最後までついてきてくれた理由。それは、私が世界のバレーボールを日本のどの選手よりもよく知っていたし、それなりの勉強もした。その結果、世界のバレーボールに関する現状と、将来の予測、人脈まで誰よりも知悉(ちしつ)しているという自負を持っていたからである。

個々の活動も大切ですが、人間同様、やはり街も「つながり」が一番大事。全銀座会を作りましたが、それをさらに強いつながりにしていくことが重要だと感じています。

「金は天下の回りもの」ということわざを、お金がないときの気休めや言い訳で使うのは、もうやめてください。そんな暇があったら、お金を速く正しく回しましょう。「金は天下の回りもの」を実感したいなら、「金は自分から回すもの」をすぐにでも実践してください。

部下への指示にはサプライズとクリエイティビティが必要です。顧客や同業者に勝つための武器、と言い換えてもいいでしょう。若手の企画担当者だった私に、堤清二さん(セゾングループ総帥)が与えてくれた指示がそれでした。

市長の仕事は「忍」の一字です。あらゆる批判を受け止めなくてはいけないし、言い訳もできない。とくに今の時代は価値観が多様化していますから、市民の皆様もさまざまな考えをお持ちです。それをいったん受け止め、お互いに理解し合えるまで話し合って、最良の選択をするのが私の役目。そのためには忍耐力が不可欠です。

通勤時間中に「今日のやることリスト」を考え、それをメールで自分宛に送ることを習慣にしています。こうすることで、タスクを忘れないのはもちろんのこと、もっと大きなメリットがあります。それは、始業前から頭を「仕事モード」に切り替え、出社したらすぐに仕事にとりかかれることです。

弊社では採用までに全部で7段階の行程があるのですが、最終段階の選考までには、すでに100時間を超える採用活動を行なっています。通常、企業が一人の学生を採用するのにかける時間は、平均5時間といわれています。そんな短時間の「お見合い」だけで相手を判断して採用するから、入社してから互いに「こんなはずじゃなかった」と言うことになるのです。弊社の採用システムは、いうなれば「恋愛結婚型」です。じっくり時間をかけて、我々は学生を、学生は我々企業を見定め、「うまくやっていけそうだ」と言う両想い状態で採用が決まるのです。

ページの先頭へ