石川光久の名言|アニメーションそのものよりもアニメを作っている人間が面白いと思った

竜の子プロダクションでの仕事は、制作進行っていう、テレビ局でいえばADですね。人と人の間に入って制作の過程で生じる軋轢のショックアブソーバーになる。普通はきつい仕事として嫌われるんですが、自分にとっては非常に面白い仕事でした。アニメーションそのものよりもアニメを作っている人間が面白いと思ったんですよ。

石川光久 の経歴

石川光久、いしかわ・みつひさ。日本のアニメーション・プロデューサー。アニメーション制作会社「プロダクションI.G」社長。東京都出身。明星大学卒業。竜の子プロダクションを経て独立。アイジータツノコ(のちのプロダクションI.G)を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

感情のまま怒鳴り散らして疲弊するのなら、部下の目的を達成させるために熱意を注いだ方が、両者ともハッピーだと思いませんか。だから私は怒らないのです。

巨額投資をして大量生産で安く供給し物量で勝つ、ということに何も意味はありません。

勝つためには自分の力を最大限発揮しなければいけません。ウィンブルドンやパラリンピックなど大舞台になるほど緊張は増し、実力を100%発揮するのが難しくなります。だから60%しか発揮できなかったとしても、勝てるように準備することが大事です。

世の中には、兵法の道を習っても、実際のときの役には立たないだろうという考えもあろう。そのことについては、いつでも役に立つように稽古し、いかなる事態にも役に立つように教えること、これが兵法の実の道なのである。

私は毎朝目を覚ますと、「今日もええことがあるぞ、ええ一日になるぞ」と自分に語りかけて寝床を蹴って起きることにしている。そうすると、心に勢いと張りが出てきて、一日一日を生き生きと生きることができる。

恋愛で第一に大事なことは好機をとらえること。第二も同じ。第三もやはりそれだ。

立体的に人物を浮かび上がらせようと思ったら、周囲にいる10~20人の人間が一人の人に対する印象を語っていく。そうすると、中には矛盾しているものもあって、「残酷で怖いときもあるけど、優しいときもあんねや」「知らん人には怖いけど、仲間には優しいんや」といったように人物像が浮き上がってくる。これが文章の面白いところ。

僕はやりたいことがない人はいないと思っているんです。人生はあらゆる選択の積み重ねですから、いままで選択してきたことの延長線上をたどれば、そこにはぼんやりとでも自分のやりたいことがあるのではないかと。

プレゼンでは不必要なことを削らなければなりません。詳細な情報が必要であれば、配布資料にすればいい。ところが、配布資料をそのままスクリーンに映してしまうプレゼンが多いのです。

現在の事業でも、障害は山ほど横たわっている。しかし、これを闘争的に強行することは自分の性格上まずない。必ず迂回作戦をとることになるだろう。目標を失わないようにしていると、急速にはそこに行かないが、結果はそこへ行ってしまう。

ページの先頭へ