菅原義道の名言・格言|人はいつか死ぬから先に自分を殺して生きる

このエントリーをはてなブックマークに追加

誰しも一度は死ぬ。一度死んだら二度死ぬことはない。それだったら、今のうちに死んでおこう。そうすれば、あとは気楽だ。死んでいる者に生死はない。こういうことは、一通り修業をした者なら、誰も体得することであるから不思議なものだ。


菅原義道 の経歴

菅原義道、すがわら・よしみち。鎌倉にある禅宗寺院報国寺の住職。臨済宗建長寺派の禅僧。禅に関する一般向けの本を多数執筆している。主な著書に『禅のわかる本』『死んでもともと』『死んでもともと―泰然として死を迎えるために』

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

勇気というやつは生き物なんだ。ひとつの組織体なんだ。だから鉄砲の手入れをするのと同じ理屈で勇気も手入れをしなくてはならないんだ。

風波はつねに優秀な航海者に味方する。

災難は、人間の真の試金石である。

同じ教育を施しても、伸びるやつとそうでないやつがいるように、本来、人間は個体による能力差が大きい動物だ。だから、あまりに人間の平等性を確保しようとすると、結局は人間の能力差やいい加減な部分まで否定せざるを得なくなる。人間社会を住みにくいものに変質させてしまう可能性がある。そういうところに、人間の怖さが隠れているように思う。煉獄への道は善意で舗装されているというが、まさにその通りだ。

自らを向上しようと試みることが必要なのです。この意識は生きている限り持続すべきです。

軽蔑の中には、自分の名誉を危うくしないために、感じないふりをせねばならない軽蔑がある。

あなたを心によって治めることができれば、あなたは王である。
あなたが肉体によって支配されれば、あなたは奴隷である。

ページの先頭へ