佐々木大輔の名言|進化が止まった分野を手掛ける

私はグーグルに転じて中小企業向けの広告ビジネスを手掛けるようになりました。その過程で直面したのが、日本の中小企業の生産性の低さ中でもバックオフィスの領域で、最新技術の活用が非常に遅れていました。その原因を突き詰めると、中小企業にとって使いやすいツール、特に会計ソフトがほとんどなかったことに気付かされました。インターネットがこれだけ普及していたのに、進化が止まっていたのです。ならば自分で会計ソフトを作ってみて、世の中に受け入れられるか試してみよう。そう考えて起業を決断しました。

佐々木大輔(経営者) の経歴

佐々木大輔、ささき・だいすけ。日本の経営者。会計アプリなどを展開する「freee」創業者。東京出身。一橋大学商学部在学中からインターネットリサーチ会社でシステム開発に携わる。卒業後、博報堂、Googleなどを経てfreeeを創業。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

社内で通らないような企画で、独立なんてできないでしょう。独立だろうが、社内事業だろうが、市場で勝てる企画を立てることが大前提。

岡崎富夢の名言|市場で勝てる企画を立てることが大前提


失敗を回避するためには、やはり客観的な判断と、PDCAの手法が大事だ。ダメだと思ったら容赦なく事業を畳んで次に進む。事業を小さく産んで大きく育てるためには、このように、最初から多くの失敗を織り込まなくてはいけない。そうすれば、早い段階で見切るための判断も生まれる。

武永修一の名言|最初から多くの失敗を織り込む


多忙な身で時間をどう有効に活用するか。私の哲学は「すぐする。すぐ済む」です。「課題が目の前に立ちふさがる」という言葉がありますが、私に言わせれば、課題が見つかったらしめたものです。糸口を見つけて取り組めば、解決につながるはずだからです。だから、すぐ動けばいいのです。

矢野龍の名言・格言|課題が見つかればしめたもの


代理店にただ商品を卸すのではなく、売り方、提案力を提供していきます。そうすることで自前の営業部隊を持たなくても、代理店さんの提案力を強化することで、第一分野で闘っていけるのではないかと思います。会社経営の上でも販売チャネルはマルチチャネルのほうがいいですからね。

片岡一則の名言|代理店に売り方、提案力を提供する


スピーチは削れば削るほど、よくなる。面白い映画ほどタイトに編集されているのと一緒です。

梶原しげるの名言|スピーチは削れば削るほど、よくなる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ