佐々木大輔の名言|進化が止まった分野を手掛ける

私はグーグルに転じて中小企業向けの広告ビジネスを手掛けるようになりました。その過程で直面したのが、日本の中小企業の生産性の低さ中でもバックオフィスの領域で、最新技術の活用が非常に遅れていました。その原因を突き詰めると、中小企業にとって使いやすいツール、特に会計ソフトがほとんどなかったことに気付かされました。インターネットがこれだけ普及していたのに、進化が止まっていたのです。ならば自分で会計ソフトを作ってみて、世の中に受け入れられるか試してみよう。そう考えて起業を決断しました。

佐々木大輔(経営者) の経歴

佐々木大輔、ささき・だいすけ。日本の経営者。会計アプリなどを展開する「freee」創業者。東京出身。一橋大学商学部在学中からインターネットリサーチ会社でシステム開発に携わる。卒業後、博報堂、Googleなどを経てfreeeを創業。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

若い企業家の中には上場して終わりという人も見受けられる。それでは駄目。一生の仕事としてやってもらいたいですね。

師匠は「お前ならできる」と励まします。師匠は弟子の暴れ回る若いエネルギーを一点に集中させる力を持っています。イノベーションに取り組む勇気を、師匠が弟子に与えるのです。

一人では何もできませんから、リーダーは自分の考えていることを仲間にもわかるように話せなければなりません。

良きことはカタツムリのようにゆっくり進む。だから、自分のためでなく人々のために働く人は、いたすらに急がない。なぜなら、人々が良きことを受け入れるには、多くの時間が必要なことを知っているからだ。

悩み苦しみ、家族とぶつかり合った五輪までの過程は、すごくいい時間だった。人は生きている限り、自分の心の弱さと向き合っていかなければいけないのだと学んだ。

結果的に悪いことをしてしまった人のほとんどは、よいことをしたいと思うところから始まっている。

意気込んでスタートしたのに、日に日にやる気が薄れ、いつの間にかやめてしまった。そのような経験は誰にもあると思います。最初の意欲を継続するには、ゴールに到達したときの自分自身の姿をイメージするのが効果的です。

時代が確変(確率変動)モードに入って、見たものを瞬時に判断しないと生き残れない時代になったのに、デジタルツールで情報収集しているようでは、遅すぎるのです。

正しく流暢に話そうとするなら、高度な英語力が必要でしょう。しかし、本当の目的は「上手に話すこと」ではなく「通じること」「満足していただくこと」にあるはず。そのための英語なら、実際の現場に身を置くことで、誰もが身につけられるものなのです。

まず自分が過去に受けたすばらしい経験、感動した経験を思い出して、リストにします。それを眺めながら、どういう要素があって自分は感動したのか、細かく分解して、内訳を出していきます。すると、そこには人を感動させるための手法がずらっと並んだ状態になります。こうして作ったリストを、そのまま自分のビジネスに転用できるとは限りませんので、いかに自分のビジネスに適応させていくことができるのか知恵を絞りましょう。実はこの作業は、一般的なビジネスマンが苦手とする、お客様の立場に立つということを簡単に実現させることができるものなのです。

ページの先頭へ