佐々木大輔の名言|進化が止まった分野を手掛ける

このエントリーをはてなブックマークに追加

私はグーグルに転じて中小企業向けの広告ビジネスを手掛けるようになりました。その過程で直面したのが、日本の中小企業の生産性の低さ中でもバックオフィスの領域で、最新技術の活用が非常に遅れていました。その原因を突き詰めると、中小企業にとって使いやすいツール、特に会計ソフトがほとんどなかったことに気付かされました。インターネットがこれだけ普及していたのに、進化が止まっていたのです。ならば自分で会計ソフトを作ってみて、世の中に受け入れられるか試してみよう。そう考えて起業を決断しました。


佐々木大輔(経営者) の経歴

佐々木大輔、ささき・だいすけ。日本の経営者。会計アプリなどを展開する「freee」創業者。東京出身。一橋大学商学部在学中からインターネットリサーチ会社でシステム開発に携わる。卒業後、博報堂、Googleなどを経てfreeeを創業。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

昇り調子の最中に自制するのはとても難しい。私の場合も無理でした(笑)。

会社を伸ばす有能な人間にはクセがある。

リーダーとなる資質がある人を最初から仕込むケースもあります。そういう人がいるのが一番いいですが、日々の仕事を通じて自分の考えをする合わせながら、複数の人に育ってもらうのが普通でしょう。

問われているのは、巨額の減損から何を学び、次につなげるか。

当社の人材育成の特色は自主的な研修制度でしょう。たとえば「TCIビジネススクール」という制度があって、会計や語学をはじめ、汎用的なビジネススキルを学びたいという社員が休日などを利用して自由にキャリア開発を図れるようになっています。社内外からスペシャリストを講師に招き、すでに50科目を超えるコースができています。

時間が足りないと文句を言う人は、深層心理では逆に、「そんなに働かなくていいじゃないか」というブレーキをかけているような気がします。今日中に片づけるべき10個の仕事があっても、無意識のうちに全体から目をそらして、とりあえず目の前にあるひとつひとつの仕事から手を付けていく。「できるところまでやればいいや」という発想なんですよね。ただ、それでは仕事を効率よく進めるための計画も立てられないし、仕事の優先順位も見えてきません。結果は10個あるうちの4個しか片づけられないような事態を招いてしまいます。それでも本人は、一生懸命働いた気になって、深層心理で自分にブレーキをかけていることに気づいていないのです。

会議でアイデアを出してもらうために場をリラックスさせたり、緊張感を持たせたり叱り飛ばしたこともあります。気を付けてきたのは、会議で激しく意見を交換した相手は、あとできちんとケアすること。また会議の場で元気がなかったり、気になったメンバーにもあとで声をかけたり、電話をする。フェイス・トゥ・フェイスで相手の目や表情を見ながら話せる会議だからこそできることです。

ページの先頭へ