カントの名言・格言|生きている実感は活動の中に

苦悩は活動への拍車である。そして活動の中にのみ我々は我々の生命を感ずる。

カント の経歴

イマヌエル・カント。プロイセン王国の思想家、哲学者、大学教授。ドイツ観念論の祖とされ、『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』などの名著を残す。ケーニヒスベルク大学で教鞭をとった。近代哲学に大きな影響を与えた哲学者

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

どんなに嫌な上司でも、8割くらいは服従している様子を見せていないと、その組織でやっていけません。自分の身を守りつつ、虎視眈々と自分の芽を出せる順番を待てばいいんです。男性は我慢していれば、いつかは順番が回ってきますから。とにかく中途半端が一番ダメです。能力がないのは問題外。変に自己を主張する人も嫌われます。

研究開発と言っても、物づくりだけの話ではありません。新しい業態を開発したり、画期的な営業の方法、宣伝の方法を創出していくことによって、成長の種を育てていくことができます。芽が出るのは5年後かもしれないし、10年後かもしれません。しかしどのような業界であっても、いい会社をつくっていくために、研究開発型の企業であり続けることが大切だと思います。

新しい発想ができても、人に影響を与えて動かさなくては、何も実現できません。

社会を変えていくために政治家に頼る必要はない。

マネが苦手な人に共通する特徴は、プライドが高いことです。「自分が一番優れている」などと考えていては、誰の長所も採りいれられないでしょう。しかし、プライドを捨てるのはなかなか難しいもの。そこで、まず仕事の目標をハッキリさせましょう。社内のトップセールスになる、30歳までに1000万円プレーヤーになる、あるいは、いずれ独立して経営者になるなど、どんな目標でも設定すると、小さな自尊心を満たすことよりも、大きな目標を達成することに興味が向きます。すると自ずと、謙虚にマネする気持ちが出てくるはずです。

営業成績が低迷して意欲をなくしている部下と話し合いの場を持つ一番の目的は、部下を励まし、その気にさせること。だったら、どう言えば部下がやる気になるかを徹底的に考えたうえで発言しなくてはいけません。それができないのは、表向きは「部下のため」と言いながら、実際には自分が抱えている怒りやいらだちを部下にぶつけているからです。

ウォンテッドリーが他の求人サイトと違うところは2点あります。1点目は、給料や福利厚生が書いてないこと。2点目は、いきなり履歴書を出して面接ではなく、まず会社に遊びにいって、コーヒーとかランチをしながらお互いのことを話してもらいます。恋愛にたとえるなら、いきなり結婚するのではなくて、まずデートから入りましょうと。お金は大事です。でも、給料を入り口にするのではなく、デートして気に入ったら話し合ってもらえばいいかなと。結婚でもお金は重要ですが、最初に年収から入るとやっぱり失敗しやすいですよね。まず相手を好きかどうかで選んで、それから条件のすり合わせをしたほうがいい。

経営者は常にチャレンジし続けなければならない。さらには、先頭を走る経営者が倒れても、その精神を継承した社員が経営者の屍を乗り越えてチャレンジを続けていく、そのような企業風土をつくらなければならない。

感情の波をコントロールし、平常心を保つための方法として、自分なりの呪文を持つこともお勧めです。私の場合、お守りにしている言葉は2つです。「ひるんじゃいけない」と「冷静に、冷静に、冷静に」と心の中で3回唱えることです。

模倣と聞くと、創造性や独創性とは程遠い行為だと思ってしまう人は多いでしょう。けれども「学ぶ」の語源は「まねぶ」であり、模倣は創造の母とも言われます。

ページの先頭へ