ロングフェローの名言・格言|苦しんで強くなれ

苦しんで強くなることが、いかに崇高なことであるかを知れ。

ロングフェロー の経歴

ヘンリー・ワーズワース・ロングフェロー、19世紀アメリカの詩人・教師。ハーバード大学などで教鞭をとった。生前からアメリカ中で人気を博し、最も愛された詩人のひとりと称えられた。その詩はわかりやすく簡潔で、親しみやすい文体で構成されている。代表作にハイアワサの歌や、クリスマス・キャロルの歌詞の一部に引用されたクリスマスの鐘などがある

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

成功に必要なものはやはり努力と継続力、それと好きなことを楽しんでやること、おごらない、投資しすぎない、やりすぎないというバランス感覚。それと人間、運だと思うんですよ。運を大切にすることですね。

ネットは仕事獲得の可能性を広げますが、それは誰もが可能性を手にすることを意味します。つまり競争も激化するんです。

「仕事がすべて」と考えるから失敗を恐れ、萎縮してしまう。そういったつまらないプレッシャーにとらわれることなく、思い切ってやればいい。

広告やWEBの企画制作も、就活のイベント企画運営も、クライアントの立場にたって課題を解決する視点に変わりはありません。

GAPなどアメリカにあるSPA(製販一体型)の先駆的な会社や日本ではワールドという会社などを分析しながら、ある程度ものまねで始めたSPAですが、始めた当初は自分もミシンを踏んでいましたし、ボタン留めや、裁断も行っていました。デニムをハサミで切ると手がかなり青くなっていくのですが、お店に立っていたころは夜はデニムを切ったり縫ったりしていたので、よくお客様から「お兄さん、顔も青いけど手も青いね。倒れないでください」と言われたものです。

私は12年前、トヨタ自動車から通信の世界に飛び込み、すぐに合併論者になりました。なにしろ、この業界には日本電信電話(NTT)というとんでもない巨人がいる。規模、技術力、資金力で太刀打ちできない新電電がばらばらに戦っていても、いずれ限界が来ると思いました。しかし、IDOという会社は電力会社、商社、お役所などの寄り合い所帯。社内では合併論は相手にされません。反発というより、無視です。親会社の支援があれば昔ながらのやり方でやっていけると思っていたのです。合併が実現したのは誰もがその必要性を悟ったからです。7年かかりました。

邪欲が多ければ、社員はついていけません。

インフラづくりに完成形はない。時代が変わればそれに合わせて変えていかなければならない。

僕が伊藤忠商事で畜産課の課長を命じられたとき、そこは完全な赤字部署でした。部下の顔を見ても元気がない。社内の落ちこぼれと言われ、打ちひしがれていた。そんなときに何を言ったってどうにもならんのです。僕は彼らを元気にすることだけをまず考えた。

現在、デジタル化、グローバル水平分業の波が押し寄せ、勝者総取りの市場構造ができています。

ページの先頭へ