ヒューバート・サニエレスの名言|視力の弱い人を救うだけで、世界はもっと成長できる

視力の弱い人を救うだけで、世界はもっと成長できる。

ヒューバート・サニエレス の経歴

ヒューバート・サニエレス。フランスのレンズメーカー「エシロール」会長兼CEO(最高経営責任者)。COO(最高執行責任者)などを経てCEOに就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「精神的につらそうな人に『頑張って』と言ってはいけません」という話を聞いたことがあると思います。しかし、必ずしもそうではありません。問題なのは「頑張る」ことではなく、「頑張りすぎる」こと。ですから私は、患者さんに「頑張りすぎないよう、頑張って」と声をかけることもあります。それに、人によっては「頑張らなくていい」と言われると、自分の存在を否定されたような感じを受けるようです。もちろん、ハードルの高いチャレンジをさせるのはやめておいたほうがいいですが、「無理をしないように、頑張って」と声をかけるのは、決して悪いことではないと思います。


大企業出身者は、知識は豊富ですが、再就職先では人徳がないと勤まらない。思いやりがなく、他人を見下すような態度を取ったり、周囲に威張り散らしたりすると、確実に嫌われます。大組織にどっぷり漬かっていたせいか、自分の哲学がなかったり、指示がないと動かなかったりする人もよく見かけます。そういうタイプもNGですね。


企業と一緒で行政も効率化を図らなければならない。


もともとは直感から会話を組み立てるタイプなので、ビジネス・シーンの論理的な話し方になれるのは苦労しました。経営に携わるようになって、これではいけないと本を読んだり、コーチングを受けたりして、意識してトレーニングした結果、少しずつできるようになってきました。


プレゼンであれ、報告や会議資料であれ、ビジネスの現場で語られる物事には、必ず「問題解決というゴールと、そこに至る道筋」=「ストーリー」があるべき。


評判がいいということが知れわたってしまえば、寄付を頼まれた場合、断るに断れない。しかしケチで評判が悪ければそういった依頼はまず来ない。だから、いい悪いというのは2つの面がある。


人生の意味を問うてはいけない。人生に意味を問われているのだ。


仕事をする上で目標を持つことは、何年働いていても大事だと思っています。自分は何をやりたいのか、自分の強みは何なのか、どんな分野で組織に貢献し、何を成し遂げたいのか。私は経営に興味があったので、将来は会社を経営できるような人間になりたいと漠然と考えていました。


三菱電機では、終戦後まだ一度もストライキを体験していない。それは、会社が従業員の福祉を真剣に考えてきたということと、経営者が組合に嘘を言わず、組合もまた公正な態度で経営に協力してくれたからであった。その点、組合を邪魔者扱いしたり、あるいは組合のことは勤労部長クラスに任せっきりにしているような会社は、えてして労使間の紛争が多いようだ。


嫌な仕事は他人にやらせるのではなく自分でやる。


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ