瀬古利彦の名言・格言|能力を引き出すために自然のまま、静かな状態を保つ

自分が苦しい時は、ライバルもまた苦しいのです。そう思うと、いたずらに苦しんで走ることの無意味さがわかります。自然のまま、静かに走ることで、闘志の燃焼をさらに深められるようになったのです。

瀬古利彦 の経歴

瀬古利彦、せこ・としひこ。日本のマラソン選手。高校在学中から中長距離の各種記録を作り、早稲田大学に入学。箱根駅伝などでの活躍からマラソンに転向。京都マラソン、福岡国際マラソン、ボストンマラソンなどに出場し成果を上げる。宗兄弟、中山竹通、新宅雅也とともに日本長距離界を盛り立てた選手

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

野球は石垣、大型選手ばかりでも勝てるとは限らぬ。素質はなくともチームをまとめるのがうまい子、安打は打てなくてもバントを確実に決められる子、そんな小さな石になれる選手がいないとチームは作れない。

オリンピックの勝負は7割がメンタルな部分で、あとの3割が運。欲をなくして平常心に戻ること。

私は意志が強いと思っています。でも、それは自分で強くしてきたのです。最終的には自分一人しかいません。両親や家族でさえ手伝ってはくれません。

私はいつも自分に4つのことを言い聞かせています。「耐えること」「やり遂げようとする気迫を失わないこと」「失敗は忘れ、常に次の手を考えること」そして、「素早い気分転換」。

わしらはいつも勝つことをモットーにギリギリの修羅場を今日まで歩んできた。気がついてみたら、いつの間にかかなりの高給取りになっとった。昔、大丸工業の草野球で、2、3千円儲けては嬉々としてはしゃぎまわり、串カツをたらふく食うことを無上の快楽と心得ていた貧乏少年のわしがや。勝ってきたからや。

100%稽古できないやつは、試合に出る資格はない。

一流になれ、そうすればものが言える。
【覚書き:メジャーリーグ初の黒人選手として数多くの差別を受けてきたロビンソン選手の哲学を語った言葉。自分の地位を上げたいなら、誰もが認めるような実力をつけるべきだという趣旨の言葉】

最初から「我、我を欲せず」などという悟りを開く男はいない。私は、若くしてそのように言い、行動する若者に不信感を覚える。なぜ、己の体で知る前にそのように思い込むのだと。

他のことを諦め、犠牲にする準備さえできていれば、どんなことでも達成できると教えられた。どんなことを望もうと、心の底から望めば達成できると私は信じる。4分で1マイル走りたければできると信じることだ。それができるようになるためには、人生において他のすべてのことを諦めなければならない。

冷静さを保ち、精神を集中して、興奮しすぎないよう、そして疲れないように務めた。
【覚書き:98年鈴鹿でのレース前を振り返っての発言。】

ページの先頭へ