中村清の名言・格言|若いころ努力しないと、齢をとって泣くことになる

このエントリーをはてなブックマークに追加

若くして流さぬ汗は、年老いて涙となる。


中村清 の経歴

中村清、なかむら・きよし。日本の陸上競技コーチ。ベルリン五輪1500m日本代表。早稲田大学卒。太平洋戦争中は陸軍士官憲兵隊長として従軍。戦後は母校である早稲田大陸上部の監督となり、戦後の食糧難の中、自分の給料を選手の食費に充てて選手強化に励んだ。瀬古利彦のほか、世界大会で活躍したマラソン選手を大勢育て上げた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は失敗を受け入れることができる。しかし挑戦しないことだけは許せないんだ。

向上しなければ、下降するだけだ。

よく、これがもう俺の限界だと弱音を吐くやつがいる。限界だ、限界だと口癖ではなかろうかと思うくらい、限界の二文字を口に出す。私に言わせれば限界なんて言葉はこの世の中にはない。限界と言うから、限界ができるのだ。

朝に新しく生まれ、夜は明日の復活を信じて床に就く、一日一日が命のやり取りだ。

集中力が高まって最高の状態になると、まわりのものがすべてスローモーションで見えてくるんだ。

「お前はよくやった。全力を出しきった」と、野球を辞める時に自分に言ってやりたい。しかしその日までは、決して自分に満足することはない。

いままでの僕の記録はみんな、耐えることで作られてきたんです。

ページの先頭へ