佐藤孝幸の名言|効果の低い勉強方法を見直して、ムダなことをしないことも大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

せっかく捻出した時間を有効活用するためには、効果の低い勉強方法を見直して、ムダなことをしないことも大切。


佐藤孝幸 の経歴

佐藤孝幸、さとう・たかゆき。日本の弁護士、公認会計士。神奈川県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、外資系銀行に入社。バブル崩壊で次々と解雇されていく先輩の姿を目の当たりにし、危機感を覚え資格試験の勉強を開始。働きながら米国公認会計士資格を1年で取得。米国の大手会計事務所に転職。在米中に日本の司法試験の勉強を開始し、働きながら2年間の独学で合格。そのほか、公認内部監査人(CIA)・公認金融監査人(CFSA)などの資格を取得。佐藤経営法律事務所を設立し、企業法務を中心に活躍。そのほか、自らの経験から得た資格試験受験法を教えている。主な著書に『要領がいいと言われる人の、仕事と勉強を両立させる時間術』『出世するなら会社法』『ただいま授業中 会社法がよくわかる講座』『大人の勉強のやってはいけない!』『できる人の資格勉強法』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

あなたの企業の価値がどこにあるのか、顧客に対して感動を与えることができているか、顧客に愛情を持って接しているか、問い直すことが重要です。

相手のミスに苛立つ気持ちがあっても、「なぜ、こんなミスをしたんだ! 信じられない!」と語気を荒らげるのは、叱るほう、叱られるほうの双方にとって望ましくありません。怒りとともに間違いを指摘すると、相手には叱られた内容よりも「怒りの感情をぶつけられた」というネガティブな印象のほうが強く残るからです。

逆境を楽しむには「自分はこうなりたい」という志を高く持っているかどうかだと思います。社員によく話すのは、エベレストに登る人と、家の裏山に登る人とでは、意識や取り組み姿勢がまったく違うということです。

仕事でパーフェクトを出した実感がまだないんです。これまで多くの仕事をやらせていただいて、その中には「今日はよかったな」という手応えが残ることはありましたけど、百点満点は出していない。

米ノースカロライナ大学で脳とストレスに関する実験が行われました。その結果によれば、ストレスの悪影響が最も顕著に現れるのが「創造力」で、ほんの少し焦ったりイライラしたりするだけでも能力は大幅に低下していました。一方、ルーチン・ワークなど単純作業に関する能力については、むしろ、ある程度のストレスを感じたほうが作業効率は上がるという結果でした。つまり、企画書や提案書など創造力が必要な作業はすぐに手を付けるべきなのに対し、伝票処理など単な事務作業については、ある程度は先送りした上でまとめて片付けたほうが得策だということです。

これまでずっと75kg以下で変わらなかった体重が、80kg間近まで増えてしまったときに、年齢による体の変化を感じました。「40歳を迎えるいまが瀬戸際だ。ここで意識しないと、際限なく転がり落ちる」と。そこで医学博士の南雲吉則先生が勧める「3食のうち2食は控え、1食は制限なく食べる」という食事法を実践を実践しはじめました。

仕事をこなしているだけでは駄目です。仕事を楽しむことが必要です。そうすれば成果である商品も、他社とは違ったものになります。

ページの先頭へ