佐藤孝幸の名言|効果の低い勉強方法を見直して、ムダなことをしないことも大切

せっかく捻出した時間を有効活用するためには、効果の低い勉強方法を見直して、ムダなことをしないことも大切。

佐藤孝幸 の経歴

佐藤孝幸、さとう・たかゆき。日本の弁護士、公認会計士。神奈川県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、外資系銀行に入社。バブル崩壊で次々と解雇されていく先輩の姿を目の当たりにし、危機感を覚え資格試験の勉強を開始。働きながら米国公認会計士資格を1年で取得。米国の大手会計事務所に転職。在米中に日本の司法試験の勉強を開始し、働きながら2年間の独学で合格。そのほか、公認内部監査人(CIA)・公認金融監査人(CFSA)などの資格を取得。佐藤経営法律事務所を設立し、企業法務を中心に活躍。そのほか、自らの経験から得た資格試験受験法を教えている。主な著書に『要領がいいと言われる人の、仕事と勉強を両立させる時間術』『出世するなら会社法』『ただいま授業中 会社法がよくわかる講座』『大人の勉強のやってはいけない!』『できる人の資格勉強法』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

もし、一人でも多くの人が「優しくする努力」を心掛けたならば、いじめは継続されるものではなく、一時的な人間関係のひとつとして処理できるのではないだろうか。部下に厳しくする上司が、厳しさと厳しさの隙間を、優しくする努力で埋めることができたら、部下に信頼される厳しい上司になれるだろう。いじめが無意識であっても、意識的であっても、優しくする努力を日々、重ねていくことが何よりも大切だと思う。

河合薫の名言・格言|部下に信頼される厳しい上司になるには


金利に比べて手数料は軽視されがちですが、これも資産を減らすリスク要因。しっかりとチェックしてください。

内藤忍の名言|手数料もしっかりとチェック


新しいアイデアのすべてが成功に至るわけではありません。「千三つ」の世界でしょう。農業でも10の収穫を得るには1000の種をまくといいます。ならばそんな無駄はせず、はじめから10の種をまけばいいではないかというとそうではなく、1000の種をまくから最後に10が残る。最初の1000の種を大事にするからこそ、オンリーワンの製品や技術が生まれるのです。

佐藤廣士(佐藤広士)の名言・格言|1000の種をまくから10の収穫がある


専門分野に対する関心が、リベラルアーツへの入り口になる。

吉岡知哉の名言|専門分野に対する関心が、リベラルアーツへの入り口になる


自分を客観視するには、自分の中にある様々な物差しや基準をはるかに凌駕する存在に対峙すればいい。

坂戸健司の名言|自分を客観視するには


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ