篠原菊紀の名言|とりあえず机に向かってみる

このエントリーをはてなブックマークに追加

やる気がないときでも、「絶好調だ」などと口にしながら、とりあえず机に向かってみると良いかもしれません。実はこれだけでも脳はだまされ、本当にやる気が出たりします。


篠原菊紀 の経歴

篠原菊紀、しのはら・きくのり。日本の脳科学者。専門は脳神経科学、応用健康科学。長野県生まれ。東京大学教育学部卒。同大学大学院博士課程。東京理科大学諏訪短期大学講師・助教授を経て、諏訪東京理科大学の脳システム論教授。東京理科大学総合研究機構併任教授。TV・ラジオなど各種メディアでわかりやすく脳についての研究結果を紹介している。主な著書に『ぐんぐんよくなる頭の使い方』『キレない子どもの育て方』『勉強にハマる脳の作り方』

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分が会いたいと思う人ほど、自分に価値がないとまず会ってもらえません。いまはそんなに余裕のある時代ではありません。昼の仕事でたまたま出会った人と、「もっと親しくなりたい」と夜にいくらお酒を飲ませても、それで人脈ができるわけではありません。みんな忙しいし、シビアな数字が要求されている世の中ですから。だから、人脈を築こうと思うなら、相手にとって自分の価値が何なのか考え抜くことです。

ユーザーの本音やニーズを汲み取っておかないと、ユーザー離れを引き起こしてしまう。

現在はメールもあればフェイスブックなどのSNSもあってとても便利ですが、大事なことは直接、人と会うことです。工場や支店、営業所回りでも、食事などをしながら一人一人と会っています。

振り返れば、銀行時代から周囲を巻き込み、新しいことに挑戦するのが好きでした。銀行員としては異端児ですね(笑)。

新しいモデルというものは、案外、理解できないんものなんです。ガリレオの地動説を世間が受け入れたのは、ガリレオより上の世代が全員死んだときです。全員が死んだときに、一瞬にして当たり前のように、地球は回っているということになった。そういうものなんです。

フォローの仕方で一番大事なのは日々の声掛け。「先週月曜にお願いした資料、どこまでできた?」「今月のプロジェクトで、困っていることはない?」など、こまめに確認をしていくのです。これにより、大きく業務の軌道がそれたり、部下が行き詰まるのを防ぐことができます。

コア人材とは、今後の事業を運営するうえで必ず必要不可欠な人材のことです。このため場合によっては優秀な人でも辞めてもらう必要が出てきます。確かにパフォーマンスを発揮できていることも大事です。しかし、その人がパフォーマンスを発揮できているのは、別の誰かやチームの助力によることもあり得るのです。すべてのバランスを見ていかなければ、組織の中で緩衝材となってくれている重要な人物や見えざる力となっている部分を失ってしまいます。

ページの先頭へ