篠原菊紀の名言|とりあえず机に向かってみる

やる気がないときでも、「絶好調だ」などと口にしながら、とりあえず机に向かってみると良いかもしれません。実はこれだけでも脳はだまされ、本当にやる気が出たりします。

篠原菊紀 の経歴

篠原菊紀、しのはら・きくのり。日本の脳科学者。専門は脳神経科学、応用健康科学。長野県生まれ。東京大学教育学部卒。同大学大学院博士課程。東京理科大学諏訪短期大学講師・助教授を経て、諏訪東京理科大学の脳システム論教授。東京理科大学総合研究機構併任教授。TV・ラジオなど各種メディアでわかりやすく脳についての研究結果を紹介している。主な著書に『ぐんぐんよくなる頭の使い方』『キレない子どもの育て方』『勉強にハマる脳の作り方』

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自社ブランドを持てば、製品の問題点などが自分たちの耳に入るようになり、それを設計にフィードバックして次の製品開発に生かすことができます。メーカーにとっては重要なポイントで、より良い製品を作るためには自社ブランドを展開する必要があります。

石黒征三の名言|より良い製品を作るためには自社ブランドを展開する必要がある


「プロのディーラーになるには血反吐を3回吐け」と部下によく言っていました。どんな分野でも、苦しい思いをしなかったらプロになれないし、苦しいことに耐えられる人でなければ成功しない。また、最初は弱くても、耐えることによって鍛えられることもある。心が折れてモチベーションがなくなってしまうような挫折や困難は、自分にとって必要なモノ。そう考えれば力が湧いてくると思います。

藤巻健史の名言|苦しいことに耐えられる人でなければ成功しない


僕は自分が好きな言葉を書いて壁に貼っているのですが、人が来ると外してしまいます。でも、大事な夢や目標を恥ずかしく感じるなんて矛盾していますよね。何とかしたい、何とかすべきだ、と考えました。共著者の長沼直樹と試行錯誤をして至ったのが、誰が見てもかわいらしい犬や猫の写真あって、それに合った言葉を付けた本です。
【覚え書き|ベストセラー『人生はワンチャンス!』『人生はニャンとかなる!』を企画したきっかけについて語った言葉】

水野敬也の名言|何とかしたいと思っていることを企画にする


俗に「かさけと自惚れのないものはない」というが、人一倍自惚れの強い私も、度重なる失敗にもはや精根尽きた。堤の家を立派にしてくれと慈愛の権化のように私を育ててくれた祖父に申し訳ない気持ちでいっぱいだった。
【覚書き|多くの事業に手をだし失敗した当時を振り返っての発言。かさけとは梅毒系の皮膚病で、おできの原因となる病気。昔は一般的な病気だった】

堤康次郎の名言|誰でも失敗する


提携の発表直後から、上手く行くと言う人もいる一方で、破談になるという声も聞こえていました。お互いが協力してメリットを享受しましょうということですから、資本云々の話は全くの別問題です。皆さん、資本提携から合併というストーリーを作りたがる。それが念頭にあったから、そういう表現になるんですよ(笑)。
【覚え書き|ヤオコーとの提携について】

岩崎高治の名言|お互いが協力してメリットを享受しましょうということですから、資本云々の話は全くの別問題


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ