篠原菊紀の名言|何かを覚えるときには、何度も思い返し、再生することが不可欠

インプットをするだけではなく、アウトプットをすることが、ニューロンの結びつきを強くさせる。何かを覚えるときには、何度も思い返し、再生することが不可欠。

篠原菊紀 の経歴

篠原菊紀、しのはら・きくのり。日本の脳科学者。専門は脳神経科学、応用健康科学。長野県生まれ。東京大学教育学部卒。同大学大学院博士課程。東京理科大学諏訪短期大学講師・助教授を経て、諏訪東京理科大学の脳システム論教授。東京理科大学総合研究機構併任教授。TV・ラジオなど各種メディアでわかりやすく脳についての研究結果を紹介している。主な著書に『ぐんぐんよくなる頭の使い方』『キレない子どもの育て方』『勉強にハマる脳の作り方』

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ずっと舞台で「お笑いの筋トレ」をしてたんです。来る日も来る日も、目の前のお客さんを笑わせ続けたからこそ、テレビに出る時もある程度自信がありましたね。ところが、いろんな番組の収録でネタを披露したり、面白トークしたのに、実際の放映ではカットされていることも多くて……。「劇場用」のお笑いの筋肉ばっかりつけすぎていたんですね。

ワッキーの名言|「劇場用」のお笑いの筋肉ばっかりつけすぎていた


作り手が、どれだけ多くの視点で疑似体験できるかが、いいサービスを作るポイント。

村上太一の名言|いいサービスを作るポイント


写真に限らず、あらゆる分野がデジタル化とインターネットによって産業構造を変えました。ですが、写真をプリントして残す価値がなくなってしまったわけではありません。プリクラのように写真を作り込んだり、思い出の写真を本のように加工したりする需要は伸びています。

北村正志の名言|産業構造が変わっても形を変えて需要が残ることもある


もちろん、ある種の向上心は必要だと思いますけど、「頑張っているのに、こんなはずじゃない」「正当に評価されていない」というのは自惚れだと思うんですよ。そのうち嫉妬に変わって、「あいつが評価されて、なんで俺は?」と周囲に漏らし始めたら、危ない。自惚れや向上心をエネルギーにしていくのはいいけど、囚われちゃったらそれ以上前に進めなくなります。もしあなた自身が悩んでいるなら肩の力を抜いて、向き合い方を変えてみて欲しい。

小堺一機の名言|悩んでいるなら肩の力を抜いて、向き合い方を変えてみて欲しい


シェアトップを選ぶか、売上や利益を選ぶかというと、経営者としては名誉ではなく売上が優先で、その次が利益だ。

鈴木修の名言・格言|経営者は名より実を取れ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ