小川仁志の名言|学んだことを仕事や生活に役に立てることこそが大事

このエントリーをはてなブックマークに追加

学んだことを仕事や生活に役に立てることこそが大事。


小川仁志 の経歴

小川仁志、おがわ・ひとし。日本の哲学者。京都出身。京都大学法学部卒業。伊藤忠商事、名古屋市役所に勤務後、名古屋市立大学大学院博士後期課程を修了し博士号(人間文化)取得。専門はヘーゲル及び政治哲学。哲学カフェ主催、徳山工業高等専門学校准教授、米プリンストン大学客員研究員などを務めた。著書に『7日間で突然頭がよくなる本』『超訳「哲学用語」事典』『人生が変わる哲学の教室』『はじめての政治哲学 「正しさ」をめぐる23の問い』『人生をやり直すための哲学』『哲学カフェ! 17のテーマで人間と社会を考える』『アメリカを動かす思想 プラグマティズム入門』ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕は天才ではない。1人で考えられることは、限られています。より多くの人を楽しませるコンテンツを作るには、どんどん発信して人を巻き込み、刺激を得ることが必要。

目の前の壁もよーく見れば意外と穴が開いている。突破法を考えると楽しくなってくる。

私の仕事は、「お客様には喜ばれ、ライバル企業には嫌われる」そういう社員を育てることです。

何事もやってみないとわからない。「面白い発想がしたいなぁ」と思っているだけでは何も生まれない。他人が何を面白いと思うのかなんて、試してみないとわかりませんよ。だから、とにかくしゃべるし、やってみる。そうしなければ、自分を変えることはできないんじゃないでしょうか。

資生堂の問題は、あらゆる商品に資生堂ブランドを付けたことにある。化粧品だけを扱っている時代は企業とブランドが一緒でもよかったが、(シャンプーなどの)トイレタリーまで商品を広げる過程で、資生堂というブランドの価値が拡散してしまった。今後は、どのブランドに資生堂のロゴを付けて売るかを検討していく。

一生懸命にやっても失敗や間違いを犯すことは誰にでもある。従業員が200万、300万円のマグロを仕入れて解体してみたら、お客様に出せない質の悪い物だったこともある。そのときは一言も怒ることはしない。失敗を通じて、なぜ悪いマグロだと見抜けなかったのかを考えることができれば次は失敗しなくなるものだ。

35歳以上になると、チーム全体をマネジメントするスキルも不可欠です。企業が求めるのは、メンバーのモチベーションを高めながら、一人一人の力を足し算ではなく「掛け算」にしていくチームビルディングカ。その点では、比較的能力やモチベーションが高い人が集まる大企業におけるマネジメントの実績よりも、多種多様な社員がいて、能力やモチベーションもばらばらのチームで実績を出した人のほうが、転職市場では評価される傾向にあります。

ページの先頭へ