上田準二の名言|これだけ時代が進み、技術が進歩しても、「人間」というのは変わらない

このエントリーをはてなブックマークに追加

これだけ時代が進み、技術が進歩しても、「人間」というのは変わらない。


上田準二 の経歴

上田準二、うえだ・じゅんじ。日本の経営者。ファミリーマートの社長。秋田県出身。山形大学文理学部卒業後、伊藤忠商事に入社。伊藤忠畜産部長、プリマハム取締役などを経て、顧問としてファミリーマートに移り、その後社長に就任。ファミリーマートにて「社長のごはんシリーズ」を発売するほどの料理好きとして知られている

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

どの産業分野でも世界で勝負するには、海外の競合にはない日本独自の普遍性で勝負していくしかない。

人のために動くことが自分のところに返ってくる。

誰かが成し遂げた仕事なんて、宇宙全体から見たらものすごく些細なこと。仮にその仕事で世の中が変わったとしても、変わることに意味があるのだろうか? その人がいなくても世界は変わらず続いていくし、その人がやらなければ別の誰かがやるだけのこと。

伊那食品工業でも、今より会社の規模が小さく、お金もなく、人員に余裕がなかった時期に、研究開発部門を設けて数人の社員を配置しました。その後、いつでも全社員の10パーセントの人員をそこにあてることにしてきました。これは寒天業界の見通しが明るくなかったため、危機感を抱いて始めたことではあります。しかし結果的に、寒天を原料とするさまざまなオリジナル商品を開発してきたことによって、当社は業界でナンバーワンの存在になれました。新しいマーケットを創出し、同業他社と競合することなく売上を伸ばし続けることができたのです。

仕事で高いパフォーマンスを発揮するために大切なのは、脳のリズムに合わせて、仕事のリズムを作ることです。

まちおこしには補助金がつくことも多いですが、もらえるお金をあてにすると、その範囲でしか活動を考えなくなります。それに補助金なんて、いつかは減らされたり、なくなったりするものです。そのときにまちおこしの活動自体がなくなってしまっては、意味がありません。

口から肉体に入れる食い物は用心していながら、精神に外界の印象を受け入れるときには、この半分も注意しないで受け入れてる人が多かない?

ページの先頭へ