出口汪の名言|細かいことは機械に任せ、「大事なことだけを覚える」のが肝要

この時代、情報の量や正確性に関してはコンピュータのほうがはるかに上。細かいことは機械に任せ、「大事なことだけを覚える」のが肝要。

出口汪 の経歴

出口汪、でぐち・ひろし。日本の教育者、作家。東京出身。関西学院大学文学部博士課程修了後、代々木ゼミナール、旺文社のラジオ講座などで大学受験現代文を教え、爆発的な人気を博しカリスマ講師となった。主な著書に『出口汪の新日本語トレーニング』『現代文レベル別問題集』『出口汪のシステム現代文』シリーズ、『「論理力」短期集中講座』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

マネージャーは年下ですがTVの世界では先輩なので毎回「注意」してもらっています。失敗したら他人の評価は甘んじて受けますね。自分が悪いわけですから。

林修の名言|失敗したら他人の評価は甘んじて受ける


難題に直面した時は、成長する絶好のチャンスです。失敗したり、目標を達成できなかったとしても、それはあなたが無能で力不足なのではなく、振り返って反省し、成長へ向けて前進する必要があるということなのです。

ケリー・マクゴニガルの名言|難題に直面した時は、成長する絶好のチャンス


資産運用は今やマストです。企業収益が伸びる中、日本企業は「給料を上げる」など社員に利益を配分するより、配当性向を高めて、株主への利益還元を優先しています。だからビジネスパーソンは投資することで、株価や配当金の伸びを家計の収入に取り込んでいく必要があります。

齋藤貴の名言|ビジネスパーソンは投資することで、株価や配当金の伸びを家計の収入に取り込んでいく必要がある


部署や部門を越えた知り合いを増やしましょう。同期会の幹事を務める、同好会やクラブを立ち上げて参加者を募るなど、社内の交流を意識的に増やすこと。そこで普段接しない部署の人と積極的に関わり、仲良くなっておくのです。そうすることで、「わからないことを聞ける相手」が増えるでしょう。こうした人脈は、守備範囲外の出来事や予想外のトラブルに遭遇したときの助けとなります。

能町光香の名言|部署や部門を越えた知り合いをつくるべき理由


私は半年間、地道に週末の執筆活動を続けましたが、モチベーションを保てたのは、原稿を待つ編集者がいたから。

小笹芳央の名言|モチベーションを保てたのは、原稿を待つ編集者がいたから


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ