西多昌規の名言|あまり時間がないほうが集中できるという意味では、後に出勤が控えている「朝活」も一つの手

あまり時間がないほうが集中できるという意味では、後に出勤が控えている「朝活」も一つの手。

西多昌規 の経歴

西多昌規、にしだ・まさき。日本の精神科医、医学博士、日本精神神経学会専門医、睡眠医療認定医。専門はうつ病と睡眠障害。石川県出身。東京医科歯科大学卒業後、国立精神・神経医療研究センター、ハーバード・メディカル・スクール研究員、自治医科大学精神医学教室講師などを務めながら精神科医として活動。スリープクリニック銀座などで診療を行った。企業産業医としても活動。著書に『月曜日がゆううつになったら読む本 仕事で疲れたこころを元気にするリセットプラン39』『今の働き方がしんどいと思ったときのがんばらない技術』『昨日の疲れが抜けなくなったら読む本』『器が小さい人にならないための50の行動 脳科学が教えるベストな感情コントロール法』『テンパらない技術』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

需要と供給のバランスがわりと重視される世界なので、そこさえ押さえておけば、この先どういった方向に行くかは結構読めると思うんですよ。

西村博之の名言・格言|需要と供給からある程度方向性は読める


ある前提でシステムを考えたとします。でも技術革新が進み、素材や部品が劇的によくなったとします。すると今度はそれに合わせてシステムを見直す。その繰り返しです。例えば生産性を上げるためにラインにロボットを導入する。すると次はロボットの効率をさらに高めるために設計を見直す。

加藤久光の名言|生産性を上げるために、システムを見直していく


経営資源を新たな事業に投入する場合、社内カンパニーを創設します。各社内カンパニーは、それぞれの分野に特化して業界ナンバーワンを目指します。

市川憲和の名言|それぞれの分野に特化して業界ナンバーワンを目指す


会議資料やメールなどでちゃんとした文章を考える時間がなかったら、思いきって箇条書き中心でポイントだけまとめる。図表なども、プレゼンテーションソフトを使ってきれいにつくらなくてもいい。会議当日にホワイトボードにササッと手描きしても、言いたいことは十分伝わりますよね。「こうしなければいけない」と思い込んでいるだけで、じつは品質を落としても問題がない場面は結構あるはずです。

青野慶久の名言|業務の中で品質を落としても問題がない場面は結構ある


これまでは「物」の消費でした。しかしこれからはゴルフや旅行という「事」に「物」が結びついていく「事物(こともの)消費」に移っていきます。そこで大事なのは「楽しさ」で、その演出をどうしていくのかという時代が来ました。

寺田和正の名言|物の時代から事物消費の時代へ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ