西多昌規の名言|あまり時間がないほうが集中できるという意味では、後に出勤が控えている「朝活」も一つの手

このエントリーをはてなブックマークに追加

あまり時間がないほうが集中できるという意味では、後に出勤が控えている「朝活」も一つの手。


西多昌規 の経歴

西多昌規、にしだ・まさき。日本の精神科医、医学博士、日本精神神経学会専門医、睡眠医療認定医。専門はうつ病と睡眠障害。石川県出身。東京医科歯科大学卒業後、国立精神・神経医療研究センター、ハーバード・メディカル・スクール研究員、自治医科大学精神医学教室講師などを務めながら精神科医として活動。スリープクリニック銀座などで診療を行った。企業産業医としても活動。著書に『月曜日がゆううつになったら読む本 仕事で疲れたこころを元気にするリセットプラン39』『今の働き方がしんどいと思ったときのがんばらない技術』『昨日の疲れが抜けなくなったら読む本』『器が小さい人にならないための50の行動 脳科学が教えるベストな感情コントロール法』『テンパらない技術』ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

中高年の転職ルートはいくつかありますが、最も有効に機能するのは知人の紹介。求人側は公募よりも、信頼できる人から紹介された人については、そうでない人よりもすぐ辞めたり、不正を働いたりするリスクが低いと見ます。転職する側にしてみれば、自分の過去の実績や人柄を理解している人の引きがあれば一番いいし、何より本人が持っていながら気付いていないスペシャリティに気付くヒントを与えてくれることがあるのです。

クレームが来ることは企業にとっては大きな失点です。しかし、全力で対応することで、ただの失点ではなくなる。

膨大な資料を用意して、それを人数分コピーしてくるのは、大手企業出身の人に多いと思います。膨大な資料作成は、その人自身の自己満足以外の何ものでもありません。それに資料の中身だって「これだけのことでしょ」って場合がほとんどで、「だったら口で言えば」って言いたくなりますよ。言いますけど(笑)。

意外と思われるかもしれませんが、僕自身、ネガティブ思考なので、現役時代に数々のメンタルトレーニングを試し、自分に合ったものを選んできました。

心というのは喜びや充実感があると、ものすごく活発に働きます。心はいつも喜びと充実感を必要としている。それはいわば心の栄養分なのです。

1990年代初頭、当時の日本IBMは売り上げの7割近くがハードウエア。これをサービス中心に変えなくてはならない。「モノではなく人材で勝負する会社に変わるんだ」と繰り返し説明しました。

会話がとまったら周囲にあるものを見て、そこから話題を引き出すとよいでしょう。それには、観察力を働かせることが重要です。一般的に女性はファッションから街の様子まで、様々なものに興味を持ち、観察力に優れています。それに対して、男性は周囲に対して鈍い傾向があります。忙しい毎日の中で、何から何まで観察力を働かせるのは大変ですが、自分が関心のあるものだけでも、よく観察していると、とっさのときに話題にすることができます。

ページの先頭へ