小川仁志の名言|学んだことを定着させるためにもっとも大事なこと

本を読んで「あー、よかった」で終わらせず、本の内容を自分の中に落とし込み、日々の問題にどう応用するかを考える。これが、学んだことを定着させるためにもっとも大事なこと。

小川仁志 の経歴

小川仁志、おがわ・ひとし。日本の哲学者。京都出身。京都大学法学部卒業。伊藤忠商事、名古屋市役所に勤務後、名古屋市立大学大学院博士後期課程を修了し博士号(人間文化)取得。専門はヘーゲル及び政治哲学。哲学カフェ主催、徳山工業高等専門学校准教授、米プリンストン大学客員研究員などを務めた。著書に『7日間で突然頭がよくなる本』『超訳「哲学用語」事典』。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

個人投資家に見せるプレゼン資料は、細かい数字などのデータより、ストーリーが伝わるものであることが大事。自分たちが何者で、どんなことに挑戦しようとしているのか。そのための手段は何か。市場はどこにあるのか。そして、どんな決意で望むのか。それがアピールできればいい。

徳重徹の名言|個人投資家に見せるプレゼン資料に必要なこと


よき人を疑う者は、人もまたこれを疑う。
よき人を防ぐ者は、人またこれを防ぐ。

劉基の名言|相手は自分と同じことを返してくる


世界に目を向けると、富裕層向けの教育サービスはたいへん多い。国際的な教育を受けることが将来の成功にどこまでつながるかはわかりませんが、これからは資産階層に応じて教育機会の格差が開いてくるかもしれません。

柳川範之の名言|これからは資産階層に応じて教育機会の格差が開いてくるかもしれない


究極は現地の人たちによって事業が行われるのが理想。中国の市場では中国の人たちが商品やマーケティング、物づくりを考えて実行する体制をつくる。

高原豪久の名言|究極は現地の人たちによって事業が行われるのが理想


当社の最寄駅である渋谷を起点として徒歩圏内と2駅以内に住んでいる社員に対して、一定額の助成金を支払っています。社員にとって働きやすい会社でありたい。要望をどんどん言える環境を作っていきたい。

田中俊彦の名言|要望をどんどん言える環境を作っていきたい


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ