関正生の名言|日本人だけが、英語をうまく話せないわけではない

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネイティブではない以上、完璧に話せないのは当たり前。日本人だけが、英語をうまく話せないわけではない。


関正生 の経歴

関正生、せき・まさお。日本の英語講師。東京出身。慶應義塾大学文学部英米文学専攻卒業。予備校で英語を教えはじめ、立ち見が出るほどの人気講師となる。著書に『世界一わかりやすい授業』ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

数字には、見る人に現実を突きつける力があります。ただし、実感を伴わせるのが難しい場合もある。そんな時は光景が浮かぶ言葉を、数字から導き出すのも1つの手です。

失敗しても「×」はつけません。人は失敗経験もないとダメです。そういう経験があってナレッジ(知識)も蓄積され、成功の確率も上がっていくんです。実際、一度立ち上げたレコード会社を失敗した人が、別のオンライン・ゲーム子会社で実績をあげた例もあります。

私は、よく眠る、よく食べるといった、身体を整えることにも気を遣っています。さらに、それに加えて、気持ちを切り替えることも大切にしています。いかに自分自身がハッピーでいられるか。これが私の疲れを溜めない方法です。

次世代に宿題を残さないように。
【覚書き|NTTグループ各社のトップに語った言葉】

売上げというのは、もう過去の結果ですから、むしろ重要なのはその前。モノを売る市場の情報を把握しなければダメ。たとえば出版社なら、他社の雑誌の発行部数よりも、日本全国の書店の数がどれくらいという情報のほうが大事。取次を通して自社の雑誌が何店舗に置かれているか。どれぐらいの読者がいる市場にアプローチするのかが見えなければ、何十万部をめざすと言っても説得力がない。マーケティングの基本です。

起業すると決めたとき、情報をベースにした事業をすること以外は、明確に決めていませんでした。ただ当時、コンピュータの小型・低価格化、高性能化が進んでいたこともあり、顧客管理をしながら、ダイレクトメールを使った通信販売を始めてみようと。基本は自分一人で社員ゼロ、受注は電話秘書代行を活用し、自作の顧客管理でのスタートでした。商材は、家業で扱っていた売れ行きが芳しくない「霊芝ドリンク」でした。

困難だからやろうとしないのではない。
やろうとしないから困難なのだ。

ページの先頭へ