小池直己の名言|具体的な目標設定が大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

具体的な目標設定が大切。目標があればこそ、それを実現するための具体的な勉強法が見えてきて、自ずと勉強する習慣も身につく。


小池直己 の経歴

小池直己、こいけ・なおみ。日本の英語教育学者。栃木県出身。立教大学卒業、広島大学大学院修了。カリフォルニア大学ロサンゼルス校客員研究員、就実大学教授・大学院教授などを務めた。また、様々なメディアで英語を教えた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

お前が実行することによって獲得した以外の知識は、所有しているとは言えないだろう。

読むことは考えることであり、知識は忘れたころに知恵となる。

40代からは勉強法を根本的に変えるべきです。必要なのは社会人経験や論理的思考力を駆使し、答えを推測していく「一を聞いて十を知る」勉強法。たとえば、英単語を覚える場合は、語源を通して覚えるようにすると、より効率的です。また、単語の意味を、全体の文脈から類推する習慣をつけておくと、未知の単語に出合ったときでも、意味を推察することができます。

無理に強いられた学習は、なにひとつ魂の中に残りはしない。

現代の心理学研究は、知能の本質と範囲を広げただけでなく、人間の潜在能力の大きさについても驚くべき事実を明らかにした。その結果を要約すると次のようになる。「あなたの頭脳はあなたが思うよりずっと優れている」。

愚者と賢者はともに害がない。半分愚者、半分賢者だけが一番危険である。

リーダーになるための勉強法はただひとつ、「考えること」。世の中には、いくらでも考えることがある。だから、世の中は面白い。そう思いながら、考え続けることが大切。

ページの先頭へ