花田徹也の名言|忘れた自分を責めるのではなく、忘れたあとのケアが大事

このエントリーをはてなブックマークに追加

30歳でも50歳でも、記憶力にそれほど差はない。忘れたものを思い出そうとしたときに記憶が固まります。忘れた自分を責めるのではなく、忘れたあとのケアが大事。


花田徹也 の経歴

花田徹也、はなだ・てつや。日本の英会話教師。「花田塾」社長。南カリフォルニア大学卒業。三菱商事などを経てTOEIC特化型スクール「花田塾」を設立。そのほか、「ビジネス・ブレークスルー大学」経営学部専任講師を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

我々が目指すものはひとつであっても、ある程度フレキシビリティを持って、個人の多様性が活かされるようにしようとしています。

リーダーになろうという思いがあるならば、判断、決断が求められる。そして判断、決断の精度を上げていくためには、回数を増やすしかない。

人は失敗から物事を学ぶのだ。成功から何かを学ぶことは滅多にない。たいていの人は、失敗の意味を考える以上の時間をかけて、成功の意味を考えようとはしない。分別のある謙虚な人々が、それまで経験したことのない大きな権限を伴った地位に就いたとたんに狂ってしまった例を私は見てきた。成功は失敗よりもずっと扱いにくいもののように思える。成功をどう扱うかは、まったく本人次第だからだ。

私たちの場合は、まず異分野の人や組織を集め、日ごろと異なる経験をしてもらうようにしています。例えば都内の企業に勤める社員が間伐体験をし、山梨県庁や林業者の話を聞く。そうした体験をした後にワークショップで話し合うと、新しいアイデアが生まれてきます。

私はまずはゴールを定めてから、アプローチを考えます。「今、これができる」だから、「あれを実行しよう」。そんな階段を積み上げるような動きでは、スピードが出ません。

人生いろいろつらいこともあるけれど、マイナス面ばっかりじゃなくて、プラス面がいっぱいある。

笑顔こそが地球を救う。

ページの先頭へ