栗山英樹の名言|常に選手を入れ替えながら、若手選手を育てていくことが求められる

このエントリーをはてなブックマークに追加

チームとして結果を残し続けるためには、常に選手を入れ替えながら、若手選手を育てていくことが求められる。


栗山英樹 の経歴

栗山英樹、くりやま・ひでき。日本のプロ野球選手(外野手)、プロ野球監督、スポーツジャーナリスト。東京出身。中学3年時に小平市ポニーリーグチームに所属し、投手として日米大会に出場し大会MVPを獲得。スカウトされ創価高校に入学し、野球部で主将兼エースを務めた。高校卒業後、東京学芸大学教育学部に進み、硬式野球部で投手・内野手として活躍。その後、入団テストを受け、ヤクルトスワローズにドラフト外入団をする。ゴールデングラブ賞などを獲得。引退後は野球解説者、白鴎大学教授などを務めたのち、日本ハムファイターズ監督となる。コーチ、監督経験なしにも関わらず、一年目でリーグ優勝を果たした。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事とランダム人名

新着Tweet


おすすめ名言



チームとして結果を残し続けるためには、常に選手を入れ替えながら、若手選手を育てていくことが求められる。

ページの先頭へ