栗山英樹の名言|常に選手を入れ替えながら、若手選手を育てていくことが求められる

チームとして結果を残し続けるためには、常に選手を入れ替えながら、若手選手を育てていくことが求められる。

栗山英樹 の経歴

栗山英樹、くりやま・ひでき。日本のプロ野球選手(外野手)、プロ野球監督、スポーツジャーナリスト。東京出身。中学3年時に小平市ポニーリーグチームに所属し、投手として日米大会に出場し大会MVPを獲得。スカウトされ創価高校に入学し、野球部で主将兼エースを務めた。高校卒業後、東京学芸大学教育学部に進み、硬式野球部で投手・内野手として活躍。その後、入団テストを受け、ヤクルトスワローズにドラフト外入団をする。ゴールデングラブ賞などを獲得。引退後は野球解説者、白鴎大学教授などを務めたのち、日本ハムファイターズ監督となる。コーチ、監督経験なしにも関わらず、一年目でリーグ優勝を果たした。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

作り手の意気込みと、観客の期待は違う。

高井英幸の名言|作り手の意気込みと、観客の期待は違う


当社は創立以来、「人間性豊かな企業集団づくり」を心掛けてきました。一家の長がいて、皆で共同生活を楽しんでいく。そういう家族のような会社を作りたかったんです。それが当社の経営の基本軸ですから、うちには労働組合もなければ、対立する資本家もいない。そういう基盤があるから、社員に信頼関係が生まれ、新しい技術やサービスが生まれてきたと思うんですね。

山口多賀司の名言|「人間性豊かな企業集団づくり」が当社の経営の基本軸


精神的な健康作りの基礎は、良いことを考えることしかありません。私にはやりたいことがたくさんあります。「次はこんな仕事をしたい」と考えることが一番のエネルギー源です。

佐々木かをりの名言|「次はこんな仕事をしたい」と考えることが一番のエネルギー源


パーティなどで行なう一分程度の自己紹介に、印象的なフレーズを入れると効果的です。私はよく、「以前はコミュニケーション三重苦を抱えていました」というフレーズを使います。人に関心がない・話を聞かない.ほめない、という三つの欠点があった私が、今はコミュニケーションの指導者になっている。ここにインパクトを持たせるわけです。仕事内容という看板と、意外性が両方伝われば、ユニークな自己紹介になります。

谷口祥子の名言|仕事内容という看板と、意外性が両方伝われば、ユニークな自己紹介になる


勝てば官軍、負ければ賊軍であり、いかに苦心して会社を経営しても、会社業績があがらなければなんにもならない。こうなると同じ努力をしても、その当たる場面とときによって、ずいぶん運不運がわかれるものだ。
【覚書き|日本陶管、品川白煉瓦時代に青木氏が仕えた伊藤多兵衛氏について語った言葉。伊藤氏は品川白煉瓦の経営再建に貢献したが、金解禁の不況時に亡くなったため、株主たちから悪党呼ばわりされた】

青木均一の名言|苦心して会社経営しても、業績があがらなければ何にもならない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ