田原総一朗の名言|大切なのは事実を受け止めること

大切なのは事実を受け止めること。ファクトに基づいて未来を考えるしかない。

田原総一朗 の経歴

田原総一朗、たはら・そういちろう。日本のジャーナリスト、評論家、ニュースキャスター。滋賀県出身。早稲田大学文学部史学科卒業後、岩波映画製作所、東京12チャンネル(のちのテレビ東京)のディレクターを経て独立。フリージャーナリストとして執筆活動やテレビの討論番組司会などで活躍。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

声をかけられるのを待つより、自分から声をかけましょう。たとえば、セミナーなどで隣り合わせた人には、こちらから話しかける。小さな勇気を積み重ねることが大切。

西山昭彦の名言|小さな勇気を積み重ねることが大切


日本は最先端のモノづくりを極めていくという部分と、部品点数が多いモノづくりですり合わせをしていくというのは、とりあえず続けるべきだと思います。しかし、極めることだけにエネルギーを使うと、いつまで経っても職人気質で結局、儲けるという発想が弱いままですから、標準化できるところは標準化して、モノづくりと商売づくりを両立させるようなビジネスモデルを見つけるしかないです。

冨山和彦の名言|モノづくりと商売づくりを両立させるようなビジネスモデルを見つける


開発担当者に必要なのは製造現場との協働です。このことを知るきっかけになったのは東日本大震災で栃木県にあった本田技術研究所の施設が一部破損し、新車種の開発陣が三重県鈴鹿製作所に一時移ったところ、製造現場との意思疎通が円滑になり、新車投入までの期間が短縮されたことでした。

伊東孝紳の名言|開発と製造を協働させることのメリット


既成概念にとらわれない斬新かつ豊かな発想でチャレンジをしていただきたい。それが出来るのは若者の特権。

高橋明男の名言|既成概念にとらわれない斬新かつ豊かな発想でチャレンジを


「数字力」を「分解力」と捉え直しています。例えば、「売り上げを1000万円増やす方法」を考えても、答えは出ません。対象や数字が大きすぎて、具体的に何をすればいいかが、分かりにくいからです。しかし、「売り上げ」を「A地区の売り上げ+……+Z地区の売り上げ」(足し算の式)と地域別に分解したり、「単価×延べ客数」(掛け算の式)と細かく分解したりすると、「すべきこと」が見えてきます。

岡本浩一郎の名言|「数字力」=「分解力」


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ