田原総一朗の名言|大切なのは事実を受け止めること

大切なのは事実を受け止めること。ファクトに基づいて未来を考えるしかない。

田原総一朗 の経歴

田原総一朗、たはら・そういちろう。日本のジャーナリスト、評論家、ニュースキャスター。滋賀県出身。早稲田大学文学部史学科卒業後、岩波映画製作所、東京12チャンネル(のちのテレビ東京)のディレクターを経て独立。フリージャーナリストとして執筆活動やテレビの討論番組司会などで活躍。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

入社して最初に配属されたのが大阪本社の鋼材貿易部。くぎや針金、金網を担当する課でした。大手鉄鋼メーカーの鋼板を扱う隣の花形部門に比べると地味ですが、めげずにがんばりました。

加藤進の名言|地味な部門に配属されてもめげずに頑張る


日頃から、あらゆるリスクを予測する訓練を積めば、トラブルの見積もり感覚は磨けます。小さなことから始めればいい。

和田秀樹の名言|日頃から、あらゆるリスクを予測する訓練を


手帳は「読み返すこと」が重要。数年後も読み返せるように、できるだけ丁寧に書くように心がけています。

三浦善司の名言|手帳は「読み返すこと」が重要


粘り強くミーティングを重ねたことで、厨房とサービス部門のコミュニケーションは本当によくなりました。

徳岡邦夫の名言|部門間のコミュニケーションを良くすることの重要性


企業の場合、立場が上がるにつれ下の人に用意してもらった原稿を読んで話すようになりがちです。でも、それではどんなにいい内容でも説得力がなくなってしまう。私は若いころはもちろん、社長、会長になってからもずっと、必ず自分の言葉で話すようにしてきました。

坂根正弘の名言|自分の言葉で話すことが大切


高い目標を示した瞬間、中にはできませんと諦めてしまう部下がいます。一見、不可能に見える目標ですから、本当にできるかどうかわかりません。でも、やってみようとチャレンジする集団にしたい。だから、「できない」と瞬間的に言う部下には、「やってみないで、なんでできないってわかるんだ」と怒鳴ることもあります。

藤森義明の名言|やってみようとチャレンジする集団にしたい


今回の再上場では、時価総額が1000億円近くの規模になりましたので、他社がそう簡単に買える企業ではなくなりました。市場にしっかりと評価していただき、我々の企業価値に見合った株価を維持していくことが、一番の買収防衛策。

水留浩一の名言|企業価値に見合った株価を維持していくことが、一番の買収防衛策


早急さと若さは同じようなもので、そういう意味では、仕方がなかったとも思う。ただ、早急に1つの方向に進むのは、あまりいいことではない。それだけは確信を持って言うことができる。

吉本隆明の名言|早急に1つの方向に進むのは、あまりいいことではない


何があってもグチや弱音を言わない人がいますが、そういう人に限って徐々にストレスを溜め込み、心身ともに壊しがちです。周りからは無様に見えたとしても、グチや弱音を口に出したほうが、精神的に楽になる。私もグチや泣き言ばっかり言っていますが、「それでええかな」と思っています。

百田尚樹の名言|グチや弱音を口に出したほうが、精神的に楽になる


覚えられないのは、その言葉や数字に意味が見いだせず、ほかの情報とひもづけられないから。記憶力アップの基本は「集中し、楽しみ、繰り返す」。

池田義博の名言|記憶力アップの基本は「集中し、楽しみ、繰り返す」


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ