アンジェラ・ダックワースの名言|自由に仕事を進められることが、異論や創造性を生み出す源泉になる

このエントリーをはてなブックマークに追加

自由に仕事を進められることが、異論や創造性を生み出す源泉になる。


アンジェラ・ダックワース の経歴

アンジェラ・ダックワース。アメリカの心理学者。ペンシルベニア大学心理学部教授。ハーバード大学神経生物学専攻卒業。マッキンゼー勤務、公立中学校数学教員などを経てペンシルベニア大学心理学部教授。「グリット(やり抜く力)」研究の第一人者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

感応の力にして鋭敏であるなら、いたるところありがたからざる場所はなく、見る人ごとにありがたざる人はない。

トップ以下、現場に至るまで、日々問題を明確にすることで、誰もが数字に関心を持ち、敏感に反応するようにする。私が指示を出さなくても、担当部門は対応に動くでしょう。

人を喜ばせようとすることは、自分の喜びに繋がる。

一番うまくいったときのことをイメージしてから話すと、不思議と自分のベストが出せます。

巨大な和紙をすく技術や、骨組みやノリを使わずに立体物をつくる手法も、昔の人のように道具からつくっていけば、革新的な技術につながるのでは、という発想から生まれたものなんです。

「値段を下げてくれ」「これ以上は無理です」という堂々巡りのキャッチボールになっては意味がありません。そこで、支払時期の変更や商談の内容の変更など価格以外の項目で交渉の余地を探っていきます。その項目のことをコンサルティングの業界では「レバー」と呼んでいます。複数のレバーを動かしながらロボットを操縦するように、事前に交渉のためのレバーをいくつか用意して、話を進められるようにするわけです。

私たちは全社員に必要な共通の姿勢として「DeNA Quality」を定め、手帳やノートに印刷して配り、社員への定着を図っています。その中のひとつに「全力コミット」があります。これは「ツーランク上の目線で、組織と個人の成長のために全力を尽くす」という考え方です。平社員でも、グループリーダーのさらに上の部長の視点で考えて欲しいという意味です。2つ上の目線を持つことで組織全体を意識するようになります。

ページの先頭へ