森本千賀子の名言|仕事を抱え込まずに、仕分けして人に振ることが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事ができる人ほど仕事を抱え込みがちですが、抱え込まずに、仕分けして人に振ることが大切。


森本千賀子 の経歴

森本千賀子、もりもと・ちかこ。日本のエグゼクティブ向け転職エージェント。獨協大学外国語学部英語学科卒業後、リクルート人材センター(のちのリクルートキャリア)に入社。同社で企業に対する人材戦略コンサルティング、採用支援、転職支援などの業務に携わり、トップセールスとなる。その後、リクルートエグゼクティブエージェントに移り、エグゼクティブコンサルタントとして活躍。著書に『リクルートエージェントNO.1営業ウーマンが教える 社長が欲しい「人財」!』『No.1営業ウーマンの「朝3時起き」でトリプルハッピーに生きる本』ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

信頼を得るにはどうすればいいのか。私の考えを言えば、その基本は、「誠実さ」と「言行一致」。この2つに尽きます。

遊びだけでなく、家族との時間も大切です。私は毎朝、妻と一緒に散歩しています。40分くらいぶらぶらしながら「あれをしよう、これをしよう」と考える。これが私の健康法でもあります。

自己紹介が上手な人は、自分の特徴の中で、何が相手の気持ちに届くのかを常に考えています。つまり、その時々で「どの武器を使うか」ということへの意識が高い。これは、局面ごとに最適な選択をするというスキルでもあるのです。

仕事とプライベートって本来そんなに切り離せないと思うんです。いままで自分が生きてきた歴史やバックボーン、彼女や奥さんや子供がいる・いないなんてことが、全部仕事に出るし、出るべきだと思う。そんな生活臭をうまく滲み出せない人は、話していてもったいないなと思います。

経営者がどんなに高邁な思想を持っていても、事業から利益を得られなければ無意味です。ときには人員を削減しなければならず、そのときは身を削られるような思いにさいなまれ、自分の気持ちに反して非常にもならざるを得ません。

イノベーションが会社のビジョンだと頭に焼き付くほど思い込ませ、自助が大事だと唱えるからこそ意識が高まる。

力というのはピンチを迎えた時に付くもの。

ページの先頭へ