森本千賀子の名言|「だらだらスマホ」は第一にやめるべき習慣

このエントリーをはてなブックマークに追加

「だらだらスマホ」は第一にやめるべき習慣。たとえばスマホでSNSなどを見ていると、あっという間に1時間ぐらい経ってしまうものです。


森本千賀子 の経歴

森本千賀子、もりもと・ちかこ。日本のエグゼクティブ向け転職エージェント。獨協大学外国語学部英語学科卒業後、リクルート人材センター(のちのリクルートキャリア)に入社。同社で企業に対する人材戦略コンサルティング、採用支援、転職支援などの業務に携わり、トップセールスとなる。その後、リクルートエグゼクティブエージェントに移り、エグゼクティブコンサルタントとして活躍。著書に『リクルートエージェントNO.1営業ウーマンが教える 社長が欲しい「人財」!』『No.1営業ウーマンの「朝3時起き」でトリプルハッピーに生きる本』ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

水泳でも、いちいちこうやったら泳げるとは考えないですよね。どんな物事でも圧倒的な下積みや基礎の練習をこなせば、身体化されてくる。頭も体もフルに使った圧倒的な経験の中で「身体化」されてくる。

一般社員の頃、私自身が好き勝手にやらせてもらったことで成果を出してきたことから、部下に対しても好き勝手にやらせてあげたほうが結果を出せると考えている。

すんなり話が聞けるとは限りません。事件現場のマンションの住人の方に話を聞こうと、すべての部屋のチャイムを鳴らしてお願いしたこともありました。しかし、そうした苦労をしても、相手が心を許して本音を聞かせてくれたときは本当に嬉しい。現場から視聴者の方に湯気が出るようなニュースを伝える喜びに目覚めたのも、30代のことだったと思います。

社員の意識が変われば会社も変わる。

日本で成功すれば、世界で通用します。逆に、日本でイノベーションを起こせないと、中国やシンガポールの市場に良い効果を与えられない。これまでの経験から、日本でうまくいったことは世界でも必ず成功するということを我々は知っています。

日本人のダメなところは前もって準備しようとするところですね。はじめは失敗するかもしれないけれども、試行錯誤してこそ現場感覚や異文化を身につけられるのです。

研究職などを除けば、会社の仕事のほとんどは、特殊な技術などなくてもできるものばかりです。また、人によって脳のつくりに、それほど違いがあるわけでもありません。それなのに、仕事が速い人と遅い人がいるのはなぜか。それは意欲の差です。やる気があって能動的に取り組む人は仕事が速い。逆に、上司から命じられたので仕方なくやるという態度では、能率が上がらないのも当たり前でしょう。

ページの先頭へ