山口周の名言|自分の中に絶対的な軸があれば、判断を下すに必要な時間は大幅に減らせるはず

このエントリーをはてなブックマークに追加

重要とは思えないことで何時間も悩む人もいますが、自分の中に絶対的な軸があれば、判断を下すに必要な時間は大幅に減らせるはず。


山口周 の経歴

山口周、やまぐち・しゅう。日本のコンサルタント。慶應義塾大学文学部哲学科卒業、慶應義塾大学大学院文学研究科美学美術史学専攻アートマネジメント分野修士課程修了。電通、ブーズ・アレン・ハミルトン、ボストン・コンサルティング・グループ、A.T.カーニー、ヘイ・グループなどを渡り歩いた。著書に『グーグルに勝つ広告術』『天職は寝て待て』『外資系コンサルのスライド作成術』ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いつも言っているのは、僕のようにしないことだ、ということ。僕のようにしたら絶対に失敗するし、カリスマは必要ない。

ブランドブックがそうであるように、様々な人たちが街に参加することで横のつながりが生まれ、新しい何かが生み出される。我々と一緒になって街づくりに加わることのメリットを示すうちに、自ずと多くの店舗が街づくりに協力してくれるようになっていきました。

成功する人は、お金は残すものではなく、「残るもの」だと考えています。自分の価値を高め、社会に貢献した分だけ、後から遅れてやってくるのがお金なのです。

経営者にはぜひとも、どこか家電量販店に赴き、半日ほど売り場を眺めることをお勧めしたいですね。衝撃的ですよ。家電製品の前でお客さんが無言でスマホを凝視しているのです。「メールでもしているのかな?」と思いきや、大部分が価格を調べているのですから。

一般論とは発話者が誰であっても同じ内容ですから、論理的には正しくても、相手には響かない。むしろ語れば語るほど、その人が信用できないように感じられます。

まずスケール、規模を大きくすること。でなくては次の世代の技術革新の原資ができない。

仕事で自分の自由になる部分は、自分勝手に進めたほうがいいでしょう。経営の合理化が進んで、昔より一人当たりの仕事量が増えているいま、言われたことをすべて律義にやっていたら大変なことになりますよ。多少は自分の裁量で省略したり、間引いたりして、うまく回していくことを心がけないと。

ページの先頭へ