山口周の名言|何がクライアントにとって最もいいことか

このエントリーをはてなブックマークに追加

私の場合、「何がクライアントにとって最もいいことか」を判断の軸に置いている。それを最優先事項と考えれば、自分が取るべき行動はすぐ決定できる。


山口周 の経歴

山口周、やまぐち・しゅう。日本のコンサルタント。慶應義塾大学文学部哲学科卒業、慶應義塾大学大学院文学研究科美学美術史学専攻アートマネジメント分野修士課程修了。電通、ブーズ・アレン・ハミルトン、ボストン・コンサルティング・グループ、A.T.カーニー、ヘイ・グループなどを渡り歩いた。著書に『グーグルに勝つ広告術』『天職は寝て待て』『外資系コンサルのスライド作成術』ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事とランダム人名

新着Tweet


おすすめ名言



私の場合、「何がクライアントにとって最もいいことか」を判断の軸に置いている。それを最優先事項と考えれば、自分が取るべき行動はすぐ決定できる。

ページの先頭へ