加藤栄の名言|相手にもメリットがある話だから事業として成功できた

自分だけが儲けていたらうまくいかなったでしょう。自分が儲かるだけでなく、相手にもメリットがある話だから事業として成功できた。

加藤栄(経営者) の経歴

加藤栄、かとう・さかえ。日本の経営者。リサイクル会社「高和興業」社長・会長。愛知県出身。高校卒業後、高沢産業を経て高和興業を設立。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

起業志向は減っているかもしれませんが、クリエイター人口は確実に増えているのではないでしょうか。クリエイターが「専業」でなくなっただけで、若者が夢を見なくなったわけではないんじゃないですかね。そういった「兼業クリエイター」の子たちが、ゆくゆくは「クリエイターこじらせ経営者」となってくれることに期待しています。「クリエイターこじらせ経営者」はオタク系の経営者になにげに多かったりしますし。

各自の強みに合った役割を割り振ることで、仕事が上手くいくだけでなく、メンバーが「自分の強みを活かそうとしてくれている」と感じ、モチベーションが高まって、自発的に動くようになります。

他社は、我々のような非効率的なことは絶対に真似できません。流行とか時流に左右されない居酒屋の中の生活必需店として確立させていきたい。
【覚書き|鶏肉の品質にこだわり、なおかつ低価格で販売していることについて語った言葉】

いまの世の中、インターネットや携帯電話のおかげで、コミュニケーションの手段が簡便化され、とても速くなりました。仕事でもスピードや成果が今まで以上に要求されています。そんな現代の状況があるからこそ、ハガキというアナログ的な方法で、ゆっくりじっくりと人脈を育てていくという姿勢が、人の心を惹きつけるのかもしれません。

「学びて思わざれば即ち罔(くら)し」と言いますが、単に学ぶだけでなく、それをどう考えてどう行動に移すか。そういった姿勢が企業にも、社会にも、そして国にも求められている。

集中の仕方を試行錯誤できるようなりました。ただ目の前のことだけを見据えるのが、必ずしも良い結果を生むわけではないんです。時には一歩引いて、自分を客観視する視野が開けてくれば、見えてくることもあります。目の前の仕事に焦点を合わせることと、客観視すること。40代以上になってから、この行為を行ったり来たり繰り返せるようになりました。

自分の意見に自信がなければ何もできません。では、どうしたら自信をつけることができるか。私は自信をつけるためには、何か得意なことを深掘りして極めるのがいいと思っています。深掘りするためにはいろいろなことを調べることが必要になってくるので、周辺の情報や知識も入ってきます。そうすることでその人の全体的な能力がグッと上がるものです。ひとつのことでプロになれれば、それが強みになりますし、弱い部分は組織の中でカバーしあえばよいだけの話です。

歴史的に生産性が低いサービス業であっても、人材とICT(情報通信技術)を組み合わせることで飛躍的な成長を遂げることができる。

ストーリーものを描くのは楽しいんです。でも、1話のうち1か所、読者の方の心に残ればいいなと思っていて、それができればそこに至る過程は全部省けてしまうのではないかと。

どんなものにも光と影があります。特に新しいモノの場合、安定期に入るまで、その差が激しい。インターネットの黎明期がまさにそうでした。当時、夢のような技術と評価する人がいる一方で、闇の部分も議論されていました。でも20年がたち、身近なものになると同時に議論も落ち着いてきた。今ではなくてはならないものになっている。ビットコインも同じです。今は投機性が高い一方、金融の世界に大きなイノベーションが起き始めていることも事実です。

ページの先頭へ