鈴木亜久里の名言・格言|走っていない時もイメージトレーニングする

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝っているところを頭の中に思い描く。実際に走っていない時でも、いつもよい走りをしているところをイメージしている。
【覚書き:レースで良いタイムを出すにはどうすればいいかと問われた時の発言】


鈴木亜久里 の経歴

鈴木亜久里、すずき・あぐり。日本人F1ドライバー。フランス領マルティニーク諸島出身の父に導かれ12歳からカートをはじめる。18歳で全日本カート選手権A2クラスシリーズ優勝、国内F3に参戦。その後、F1に移り、F1日本GPでアジア人レーサー初の入賞を果たした。日本人のF1レーサーで最も成功を収めたレーサーの一人。引退後、チームオーナーとしてプライベートチーム『スーパーアグリF1チーム』を率いて、F1に参戦した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

40代からは勉強法を根本的に変えるべきです。必要なのは社会人経験や論理的思考力を駆使し、答えを推測していく「一を聞いて十を知る」勉強法。たとえば、英単語を覚える場合は、語源を通して覚えるようにすると、より効率的です。また、単語の意味を、全体の文脈から類推する習慣をつけておくと、未知の単語に出合ったときでも、意味を推察することができます。

お前が実行することによって獲得した以外の知識は、所有しているとは言えないだろう。

書物よりも見たり聞いたりすること、地位よりも経験が第一の教育者だ。

できる人から学び、できる人に追いつけ追い越せが得意というのが日本人の能力特性なのだとしたら、それを活かさない手はないということである。少なくとも、その方が独創性を身につけろという課題よりは簡単なのは確かなことだ。

当社は語学教材の出版社です。自分の語学の勉強も兼ねて、DVDで海外の映画やドラマをよく見ます。吹き替えや字幕を切り替えられますし、勉強にはもってこいです。単に日本語を英語に置き換えるのではなく、その国の文化の背景を理解し、教養を身につけることにも役立ちます。お気に入りは『特攻野郎Aチーム』です。英語の冒頭のセリフが格好いいんですよ。すっかり覚えていて、いつでも披露できるほどです。

勉学が目的だが、実家の織物の仕事もあるから、有名大学をさけて最初ロンドン大学へ行った。経済学部で講義を受けたがさっぱりわからぬ。ところが下宿屋へ帰って教科書を読むと大半理解できる。これで私は通学しなくとも勉強できると考え、本ばかり買い入れて商売の方に精を出した。
【覚書き:留学しながら実家の丸紅伊藤本店(伊藤忠商事と丸紅の前身)の仕事を両立していたころを振り返っての発言】

知識がいくらでもアウトソーシングできたり、言葉の翻訳や計算のようなテクニカルな問題はツールがクリアしてくれる時代になると、情報処理能力や問題解決能力、背景情報の理解が重要になってくる。わからないことを聞くとか、どこに聞けばいいかを知っているという、情報処理のための情報収集能力のようなものが重視されることになる。

ページの先頭へ